前の記事へ  «
次の記事へ   »

ヨカラボのカッティングプロッターでステンシルを作ってよう(その一)

[`fc2` not found]
LINEで送る

2015-03-17 12.41.27

カッティングプロッターをご存知ですか?

紙や塩化ビニールのシートをサクサク切ってくれる便利マシンです!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

シャープな線や入り組んだ線なんかも、このマシンを使えば、楽々!!

欲しいなぁ!!

欲しいなぁ!!

昔に比べてお値段もお手頃感が出てきたのですが・・・

そんなに使うものじゃないのでねぇ・・・

迷って、迷って、迷いすぎで忘れた頃に!!

ヨカラボ天神さんのファブリケーションスペースを見ていたら、あったんだぞ!!

地味に置いてあったぞ!!

名称未設定-1

 

使ってみたいよね!!

これがあったら複雑なステンシルとか簡単にできちゃうよね!!

デザインナイフでゴリゴリ切っていたら、獣数時間かかる作業もマシンにお任せだ!!

さて、それではテストカッテングとして、STIKAさんの性能はどれぐらいあるんだろね?

試してみたい。

なので、最初から難易度の高いカットを要求することにした!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

03_085

江戸小紋柄だぞ!!

これ、デザインナイフで切ると10数回の失敗と強烈肩こりがもれなく付いてくる!!

ステンシルにするためには、赤い部分を切り落として、白い部分を残さなきゃダメ!!

さて、それでは作業手順のご説明。

  1. 原図を用意する
  2. イラストレーターでアウトライン化する。
  3. カッティングマシンの調整。
  4. データの転送。
  5. 切り終わるまで待つ

こんな感じで作業は進んでいきます。

1. 原図を用意する。

今回は、江戸小紋柄をカットしてもらおうと思います。

このSTIKAさん、JPG、BMPなどの様々なファイル形式に対応しています。

しかし、綺麗なデータは綺麗な仕上がり!!

なので、原図のJPGデーターをEPSデータに変換します。

2. イラストレーターでアウトライン化する。

スクリーンショット 2015-03-23 10.37.52

 

イラストレーター 新規作成 → A4サイズ を実行します。

メニューバー → ファイル → 配置

配置コマンドを使い、原図を配置します。

なぜ新規作成でA4サイズを選ぶかというと、STIKAさん(カッティングプロッター)がA4サイズまで対応しているからです。

このサイズギリギリまでカットできるはずなのですが、今回はステンシルとしての使用を前提としていますので、余白を考えて配置します。

スクリーンショット 2015-03-23 10.45.08

 

配置した画像を選択して、画像トレース → シルエット を選びます。

スクリーンショット 2015-03-23 10.50.00

トレース完了!!

便利な世の中だ!!

そして、チョットおまじない!!

拡張をクリックしてね!!

スクリーンショット-2015-03-23-10.54.17

トレースしたラインがパス化されました。

スクリーンショット 2015-03-23 10.52.45ここからチョット面倒臭い作業があります・・・。

しかし、し手で切っていく作業より断然いいぞ!!

さて、このままカッティングプロッターにデータを持って行きたいのですが、このままでは大失敗します。

下の図、赤いラインもカットしされてしますので、真四角に切られて終わり・・・

スクリーンショット 2015-03-23 11.01.49

 

上図の赤い線は、実際には表示されません。

この辺りが面倒だよねぇ・・・

まぁ、ADOBE社様はカッティングプロッター用にIllustratorを作ったわけじゃないから仕方ないよね。

(ノД`)・゜・

Windowsの場合は、 Ctrl + Y

MACの場合は、 command + Y

メニュー操作は以下の図で、

スクリーンショット 2015-03-23 11.06.39

 

アウトライン表示にします。

切りぉとされなぃょぅに、外枠とのラインを選択して消去します。

スクリーンショット 2015-03-23 11.09.57

 

消去したら、こんな感じ!!

スクリーンショット 2015-03-23 11.15.31

 

さて、一応データは完成したので、データを一時保存。

作業最中の一区切り!!

データの保存癖をつけるのは、大変いいことです!!

というか、プロなら当たり前のようにやろうよ!!

お願いだK君!!

作業中もこまめな保存をしてください。

(T ^ T)

さぁ、データはできた!!

次は、カッティングプロッターの下準備からだ!!

今日は、3Dプリンターの記事ではありませんが、ファブリケーションという関連で書いています。

<(_ _)>

 

[`fc2` not found]
LINEで送る