前の記事へ  «
次の記事へ   »

MeshMixerを習得しよう(その二)クワークス作ろうぜ!!

[`fc2` not found]
LINEで送る

強制合体!!

MeshMixerは二つのオブジェクトを合体させる機能があります。

まぁ、みた方が早いのでこんな感じです。

この動画は少々バージョンが古いのですが・・・。

(;^_^A

このように2つのモデルをスムーズに合体させる機能があります。

(≧▽≦)

先ずは素材集めから!!

合体させたい3Dデータを自分で持っておられる方々は・・・。

きっとこの機能は使わん以下なぁ!!

(≧▽≦)

今回はザックリと機能説明なので皆大好きThingiverse.comよりいただきましょう!!!

www.thingiverse.comは世界中の3Dプリンターファンの方々が「俺のデータを使え!!」というサイトです。

ありがたく使わせていただきましょう。

しかし、ここで潮位が必要です。

ここに公開されているデーターも著作権管理されています。

形式としてはクリエイティブコモンズとい形をとっています。

クリエイティブコモンズの解説は過去記事をみてください。

m(__)m

全部自由に使えるわけではないのですが・・・。

Yahoo Japan様が142個ものデータをレイティングの低いクリエイティブコモンズで公開しています。

ありがとうYahoo Japan!!

守るべきお約束は以下の3っです。

  • Yahoo Japanのサイトに著作権があるということを明記してね!!
  • データーを編集してもいいよ。
    (クワークスにできる!!)
  • 商業利用していいよ!!
    (太っ腹だ!!)

さて、ここから合体させるべく二つのデータをダウンロードしましょう!!

(≧▽≦)

今回は、鬼の胴体に馬の頭を頂いた馬頭(メズ)をクワークスしよう!!

作業の順番としてはこんな感じ。

  1. 鬼と馬のデータをダウンロードする。
  2. 合体用に馬の首のデータを加工する。
  3. 鬼のデータを開いて首を切り取る。
  4. 鬼のデータと馬の首を合体させる。
  5. サイズを調整して完了!!

鬼と馬のデータをダウンロードする。

合体用に馬の首のデータを加工する。

メッシュミキサーに.STLデータを読み込むときにはインポートコマンドを使ってね!!

馬のデータを開くと逆さまに!!

きっとこの角度で3Dプリンター出力するとサポート材が少なくてするからこの角度で出力してね!!

という考えの元に配置されているんだろうけれど・・・。

90゜回転かけましょう。

編集 → トランスフォーム わ選ぶと下の図になります。

90゜回転したところ。

適用をクリックして決定してください。

欲しいのはお前の首だけだぁぁぁ!!

選択コマンドを使い、首を適当な所でカットする!!

カーソルを動かしてカットするラインを描きます。

変換 → 開いたパーツに変換 を選択します。

合体に必要なパーツだけが残ります。

適用をクリックして決定します。

ここで適用をクリックすることで、メッシュパーツのマイパーツにデータが保存され何時でも呼び出せます。

Meshmix → マイパーツを確認すると切り落とした馬の首がデータ登録されている事が確認できます。

(≧▽≦)

登録されたマイパーツのデータは以下の場所に格納されます。

C:\Program Files\Autodesk\Meshmixer\meshmixer\libraries\parts\user\My Parts

こんな感じでぶつ切りデータをドンドン登録しよう!!

明日は鬼さんのボディーに取り掛かるぞ!!

(≧▽≦)

 

[`fc2` not found]
LINEで送る