前の記事へ  «
次の記事へ   »

3Dプリンターでプラモデルキットはできるのか?(其のニ)

[`fc2` not found]
LINEで送る

 


3Dソフトのおさらいをしよう!!

3Dプリンターで出力するには3Dデータを作る必要があります。

少し前まで何百万円もしたソフトも、ここ数年フリーウエアになったり、劇的にお安くなったりしています。

(ノ´▽`)ノ

3Dソフトは幾つか種類があります。

種類により、作る形状の得意不得意があります。

3D CADソフト3D CGソフトです。

3D CADソフトは、工業デザインや建築デザインなど、単位が正確に設定できる事が重要です。

正確な直線や狂いの無い曲線で形成された形状を作ることに特化しています。

代表的なフリーウエアには、Fusion 360design spark 等があります。

3D CGソフトは、ゲームや映画などCG動画を作ることに特化したソフトです。

なので自由な変形やアニメーション機能など多彩な機能が実装されています。

自由に形を作っていく事に特化したソフトなのですが、3Dプリンター用に作られた訳ではないので3Dプリンターの出力データを作るときは少々コツが要ります。

3D CG系のソフトには様々なフリーソフトがありますが、少々敷居が高いのですが blender から始めることをお勧めします。

余談ですが、将来CGアーティストになろうと考えている方は、Mayaか3ds Maxあたりを使えないとお仕事になりません。

また、スカルプ系のソフトで最近ガンガン出てきたソフトにZbrushというソフトもありますが、これはフリーウエアではありません。

今回はリーズナブルに行きたいのFusion 360を使ってキャトルの3Dデータを作っていきましょう。

凄いぞFusion 360!!

Fusion 360はAutodesk® 様のソフトです。

3D CADに分類されるソフトなのですが、自然な曲線を扱うことが得意なソフトです。

大変機能が多いのですが、基本的にクラウドベースなのでインターネットに接続されていることが前提として設計されています。

まぁ、ご家庭用の3Dプリンターで出力する目的て使用する分には十分すぎる性能を持ったソフトです。

(ノ´▽`)ノ

ンじゃ、こんな感じで作っていきます。

今回使用したFusion 360は制作の履歴を利用して編集する機能があります。

とても便利です!!!

そして、その機能のオマケではないのですが、制作過程を動画で確認することができます。

なので、この動画をみれば、貴方もFusion 360を使ってキャトルを作ることができる!!

いゃ、無理だと思う・・・。

m(__)m

youtubeに動画を上げたよーン!!

字幕でつぶやいていたりします・・・。

ヾ(*´∀`*)ノ

こんな感じで作っていきました!!

(((o(*゚▽゚*)o)))

さて、モデラーさんはもっともっと3Dプリンターを活用すべきだと思う!!

 

[`fc2` not found]
LINEで送る