前の記事へ  «
次の記事へ   »

初めてのフィギュア!! プリントアウト!!

[`fc2` not found]
LINEで送る

数日前にご紹介したFHMの3Dスキャンデータをプリントアウトしようと思った!!

今までパーツとか、歯車とか、試作品ばかりプリントアウトしていたので、フィギュアのプリントアウトはこれが始めてなんです。

625x465_1869392_2561847_1399568280_preview_featured

ググッときますねぇ。

さて、Afiniaのドライバーに読み込ませて・・・

名称未設定-0

あらら!!

私のAfiniaは最高のプリント性能を誇るのですが・・・

プリントサイズが140mm X 140mm X 140mm なので・・・

ちょっぴり頭が出てしまう・・・。

んーー

んーー

チッサなフィギュアも良いけれど・・・

やっぱり大きさは力だよね!!

 

というわけで、STLデータの分割開始!!

実は、STLデータとは、無数のポリゴンメッシュで形成されたデータなので、ザックリとパーツ分けというか、切り分けるときにデータが壊れたり・・・。

カットしたライン指定がなかなか難しかったり・・・。

combine?

ブーリアン演算にかけたときに、ポリゴン限界数を超えたり・・・

再編集の中々難しいデータだったりします。

しかし、最初からポリゴンメッシュの編集を前提として設計されたソフトならばOK!!

むしろ得意技!!

そこで、Autodesk 123Dファミリーのスカルプチャー系ソフトの登場です!!

adskmm_480x200

先ずは、STLデータを読み込んだところ。

名称未設定-34

エディット(edit) → plane Cut(プレーンカット) で切り出ししたいパーツに分割!!

名称未設定-5

名称未設定-6

プレーンカットコマンドは、各X軸、Y軸、Z軸でスパッとパーツを切断してくれます。

もちろん、ポリゴンメッシュの穴あき処理もオートでやってくれます。

便利!!

便利!!

分割した各パーツをSTL書式で書き出します。

そして、再びAFINIAのドライバーに読み込ませます。

高さに余裕ができたので、サイズを150%アップしてプリントアウト!!

やっぱり大きさは正義だよね!!

名称未設定-1 名称未設定-3名称未設定-2

いい具合だ!!

プリントアウトォォォォ!!

デカ!!

足長い!!

写真 3

ボディープリントアウト完了!!

いやー、これは結構な迫力になるぞ!!

写真 5

あぁ、ピンチだぁぁぁぁぁ!!

フィラメントがぁぁぁぁ!!

これ足りるかなぁ・・・。

写真 4 (2)

afiniaはのドライバーは、自分が印刷したマテリアルの量を管理する機能があります。

名称未設定-8 名称未設定-9

フィラメントを変えるたびにこの数字を記録して、入力し手入れは印刷が始まる前に警告してくれるのだけれど・・・・

そんなこと面倒くさくてやってないよ!!

やばいよ!!

やばいよ!!

足りるかなぁ・・・。

写真 3 (2)

んーー、足りた!!

無事、プリントアウト完了!!

写真 1 (3)

プリントアウトしたけれど、結構大きかった。

写真 2

ラフとをパリパリと取っても結構大きいぞ!!

このラフとの剥がし易さもAfiniaを選んだ理由のひとつです。

写真 3 (1)

仮組みというか、乗せただけ。

んーー、ピッタリだ!!

写真 4 (1)膝を接着!!

鑢掛けすることなくピッタリ合っちゃった!!

写真 1 (2)

 

高さ31Cm5mmのフィギュア完成!!

明日から表面処理だ!!

やはり迫力の大きさだね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[`fc2` not found]
LINEで送る