前の記事へ  «
次の記事へ   »

ネジ!!ネジ!!ネジ!!ネジ!! ネジがこんなに大切だなんて( ̄ー ̄?)…..

[`fc2` not found]
LINEで送る

CFAaplDVIAAmR9t

ネジを沢山集めました

\(^o^)/

借りたり、もらったり、家にあるのを集めたり!!

これだけあれば、足りるんじゃね?

今日も3Dプリンター作り始めるよー!!

ネジがこんなに大切なものだとは思わなかった・・・。

良くできた設計とは?

日本の製品は小型で高性能!!

ヾ(@^▽^@)ノ

世界に誇れる製品が沢山あります。

それは、小さな技術を一つ一つ積み重ねた結果です。

設計段階でのコスト削減は、外注やフリーソース等を使う手法もありますが、

自社開発のノウハウを蓄積している会社などでは、組み立て段階で、工程を短縮する技術や、

部品調達を考慮して、できるだけ部品数を減らしたり、使用するネジを統一規格にするなど、

知恵と技術満載の製品設計です。

モノ造り日本の、地味だけれど他国がまね出来ない最高の技術だと思います。

ヾ(@^▽^@)ノ

そんな商品ばかりに囲まれて生活している私は、ビックリした!!

  • 設計したドイツ人のヨハンさん、ネジの規格が不必要に多いんじゃね?
  • そもそも格安コピー大陸製品!! 入って無い部品があるなんて当たり前?

いゃー、私も覚悟していたんだけれど、これほどとはね!!

最高だ!!

自作キットって最高に楽しいね!!

モリモリと自分の技術力の成長が見て取れる!!

o(;△;)o

ヽ( ´¬`)ノ

ネジは自前で揃った!! 本日の戦闘工作開始!!

トップのコーナーユニットの組み立てからはじめます。

天井というか、三角柱の本体の上部の組み立てに入ります。

ここに、ベルトを引っ掛けるプリーを組み込みます。

CFAdRhaVIAAI7R7

ネジを通す順番は以下の通り。

  1. ワッシャー
  2. ナット
  3. プリー
  4. プリー
  5. ナット

CFAdunQUMAAwNC5

 

スペースが足りない・・・

んーー持って来たナットが太いのか?

元々スペース的に小さいのか?

このスペースの全てのパーツを押し込むのは無理のようだ・・・。

(T ^ T)

 

コーナーユニットを削ろうか迷う・・・。

そんなこともあろうかと!!

昨日の私ならば、ここて「おぼえていろーー!!」と捨て台詞を残して退散していたのだろうが、

今日の私は違うのだよ!!

臨機応変に対応できるのだよ!!

ふっ、ふっ、ふっ・・・。

理屈はわかっているし、機能も理解しているぞ!!

私の権限で、ナット部分の一箇所をワッシャーに変更だ!!

なので、順番変更!!

  1. スプリングワッシャー
  2. 平ワッシャー
  3. 平ワッシャー
  4. プリー
  5. プリー
  6. ナット

ワッシャーなら、顔を洗えるほど持ってきたぞ!!

 

ざまぁみろ!!

\(^o^)/

CFAgMj4UgAIQjTw

大丈夫だ!! 動く!!

ボルト一箇所をワッシャー二つに変更したら、スペース的にもサイズ的にもぴったり収まったぞ!!

一個完成!!

CFAhUipVAAEhlTb

 

アップで見るとこんな感じ!!

プリーにはベアリングが入っているのでスムーズに回ります。

また、プリーの片側には脱落止めのガイドがついているので、二個を向き合わせて配置して、ベルトが外れないようにします。

アップするとこんな感じ!!

CFAhU05UMAA5yh8

 

ヘッドブロックのコーナーが三個できた!!

今日の作業は早く進むぞ!!

道具や工具があると、作業が進む!!

 

楽に進む!!

  • パーツは最初にすべて揃っているか点検しよう!!
  • 必要工具も揃っている事を確認しよう!!

上記の二項目はマストだ!!

みんなが工作をするときは、必ず確認しよう!!

作業がはかどるぞ!!

 

まぁ・・・

あたり前のことなんだけれどね・・・

とにかく、早く作りたくて、我慢できなかったんだよーー!!

||| \( ̄▽ ̄;)/ ||

CFAjjOqUkAAEe7c

フレームを固定するネジを付ける。

トップのブロックも金属フレームにスライドしてはめ込み、三角形を作ります。

パズル構造 ・・・

昨日は苦戦したなぁ・・・

 

ヨカラボ天神のみなさんありがとう!!

さぁ、パズルの始まりダーーー ヽ(^◇^*)/

CFAnfY-VIAA2q0Z

 

小さなノウハウの蓄積が大事!!

昨日はヨカラボ天神の皆様にお手伝いいただいてジタバタ&バタバタ!!

その教訓を生かすべく、今日は秘密兵器を持ってきたぞ。

スライド部分の摩擦がキツイならば、油刺せばいいんじゃね?

潤滑オイルが3Dプリンターで出力した樹脂に与える影響や侵蝕のテストはしていないけれど・・・

大丈夫だとおもう?

私が人柱だぁぁぁ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFAodxlUIAA1JhB

油を差してスムーズに入ったぞ!!

こんな感じで、フレームの溝に、ナットの頭を滑り込ませます。

CFApdVYVIAAMbio

オイルで摩擦がへりスムーズな作業!!

ズリズリっと入っていくぞ!!

CFApdXEUkAE9VBK

 

それぞれに一本!!

三つのコーナーパーツに、一本ずつフレームを差して軽く固定します。

この「軽く」がポイントです。

強く締めるのは、三角に組み上がってからだぜ!!

CFAqzUBUUAAnXDA

今日のパズルは簡単だったよーー!!

コーナーとフレームをスライドさせて組み合わせていきます。

組み合わせる力と進み具合を、同じにします。

その力加減がズレるとギシギシしたり、変形したりします。

CFAsIjKVEAAcV31

今日は、一人でスルリと出来たぞ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

当たり前だが、準備や道具って大切だ!!

CFAt0LpVEAEtSy8

 

 

キャリッジの作成にとりかかるよ。

印刷時には、ここが上下して、ヘッドが乗っかったアームをガンガン振り回すぞ!!

ここにガタがあると印刷精度に直接影響が出るそうだ!!

CFAvLyiUEAAlR8K

 

ナットをはめ込んで、マウントを作ります。

この三箇所の穴、実は六角形なんだけれど・・・

印刷制度の関係で・・・

いゃ、六角形に見える!!

俺にはそう見えると信じたい!!

この穴にナットをはめ込んで固定します。

CFAxbslUMAAMFVz

 

説明は難しいけれど、見れば簡単です。 最初に、長めのネジを通します。

CFAzYm4UMAEidZN

 

次に、ナットを通して、ガンガン締めていきます。

CFAzmMAVIAI7Uyp

 

穴とナットの形状というか、六角形を六角の穴に合わせて、ギキュッと締めていきます。

すると、穴の中に六角のナットが引き込まれていきます。

CFAz-ICUkAE-sjR

 

最後に締め込みに使った、ボルトを緩め、

外したら完成です。

三箇所、3パーツ、合計9箇所で同じ作業をします。

CFA0c_bUsAEv8d_

 

 

ローラーのテンション調整部だよ!!

最初にボルトを緩く締めておきます。

CFA3jrGVEAAo_di

要領は同じだけれど、ナットの入る角度というか、固定される角度が90度違います。

穴に六角ナットをはめ込みます。

このつめ込んだナットと、先ほど締めたネジが噛み合うように位置を合わせます。

手探りというか、見えない場所で合わせるのは苦労したわ!!

CFA3_ljUMAAd1yT

 

調整部完成!!

三箇所とも同じようにテンションがかかるように?

いゃ、調整前にテンションがかかったらダメだから・・・

ネジが抜けない状態で、テンションフリーにしておく。

CFA4SdXVEAI0id3

ローラー軸を取り付ける。

ローラー軸といっても、M5のボルトなんだけれどね。

ボルトとナットでしっかり固定!!

ここはベアリングが入っているけれど、ゆるみ止めのテンションワッシャーが必要な部分だ!!

そうさ!!

もちろんキットには入っていなかった!!

||| \( ̄▽ ̄;)/ ||

CFA6rlwVIAAgTdF

 

次にローラーを入れ・・・

反対側にもテンションワッシャーが欲しいところだね!!

ローラーにはベアリングが入っているのでスムーズに動くぞ。

様々な掲示板で、ベアリングと印刷精度について熱く語られていたが・・・

 

いゃ、ほんと・・・

そんなことを言ったら、精度のいるパーツはかりじゃね?

CFA7IH4VAAEwh6_

同じパーツを三個作るよ!!

あぁ、ほんとに今日の作業は快調だ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFA9AlKUMAIm4UR

 

エンドストップスイッチのトリガー調整ネジの組み込み

この穴に、ネジを通さないといけないらしい。

ここで、エンドストップスイッチのトリガー調整用のネジを入れるんだぜ!!

もちろん、説明書で指示されている直径のネジは入っていなーい。

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

しかし、今日の私は違う!!

ネジをありったけ持ってきたからね!!

どれどれ、どのネジをつかおうかな?

 

CFA-d3UUkAALVzk

 

なに、穴があっても、合うネジがない?

o(;△;)o

ふっ、ふっ、ふっ、だから今日は大丈夫だって!!

ヾ(@^▽^@)ノ

ネジ山なんて、持っているネジに合わせて、切ればいいんだよ!!

どこのご家庭にでも、タップの一つや二つあるだろう?

タップとは、ドリルなどで穴を開けた後、ネジが入るように、ネジが抜けないようにする。

ネジに合わせた凹溝を彫る道具です。

というわけで持っているネジに合わせてネジを切ります。

CFBAR_SUkAEQLcy

 

バイスはこうやって使います。

あらかじめ小さい穴を開けた後に、ネジを切ります。

CFBAtshVEAEdIeH

 

ピッタリだ!!

キャリッジ部分三個完成!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFBCqukUsAAzAsG

 

3Dプリンターヘッドのマウントバルジの作成!!

ヘッド部分にリミットスイッチをつけるようだ。

ヘッド部分にリミットスイッチがある3Dプリンターは珍しいのかな?

プリント作業中(主にスタート時)にヘッドが下がりすぎで、プラットホーム(ベッド)に激突してヘッドを破損するという事故が起きます。

ヘッド部分にリミットスイッチがついている場合、ヘッドが下がりすぎで起こる事故が防げます。

きっとそういう設計なんだと思う・・・。

CFBIIj9UUAAcgt7

 

やっぱり入ってないよね!!

いつものように、M2 X 12mm のボルトは入っていても、ナットが入っていない・・・。

(T ^ T)

しかし、今日の私は違うんだよ!!

今日は、山ほどネジを持ってきたのだから!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFBIhePUIAICn_A

届かないだと!!

M2 X 12mm のネジだと届かない !!

( i _ i )

流石に、この長さの代用ネジは持っていなかった・・・。

(ノд・。)

CFBJmKIUkAAhTZ0

 

いゃ、スイッチとフレームの厚さだけでも12.5mmぐらいあるから・・・

無理ジャン!!

15mmほどのネジがいる。

私の作業ベースは3mmネジが主流なので持ってない。

ドリルで3mmの穴を開けて、バイスでネジを・・・

いゃ、スイッチ部分は電気が流れるので、削ったりしちゃ駄目!!

絶対にネジが必要だ!!

このサイズに合うネジが必要なんだよぉぉぉぉ!!

(ノд・。)

そうだ、買いに行こう!!

なので、今日はこれまでです。 <(_ _)>

 

今日の戦いは終わった・・・。

そいて今日の戦果だよ!!

フレームのトップ部分と、キャリッジ三個!!

中々の戦果ではないか!!

明日から、いよいよ電装係に突入だ!!

応援してね!!

ヾ(@^▽^@)ノ

FullSizeRender (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[`fc2` not found]
LINEで送る