前の記事へ  «
次の記事へ   »

3DプリンターKossel-800組み立てキット作ったよーまとめの後編

[`fc2` not found]
LINEで送る

CFu-DETUsAE5DVz

※ この3Dプリンターは、皆様の応援をいただき、無事完成しました。

この記事は、作業終盤の記録です。

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ 

ヨカラボ天神で3Dプリンターの続き作ったよーー!!

本体は組み上がった!!

ソフトはインストールした!!

さぁ、昨日の続きの稼働テストだぁぁぁぁ!!

今日は、ヘッドの高さ合わせというか・・・

この作業、ヘッドが上がったり下がったりします。

プラットフォームの強化ガラスが・・・

見た目普通のガラスなので不安だ!!

ヘッドが強く下がったら割れそうだ・・・。

通常ならば、耐熱強化ガラスが素材として使われるのだけれど・・・

PLA専用ということでプラットフォームは加熱しないんだよねぇ・・・

※ 機種によっては50℃前後まで加熱する機種もあります。

そして、このキットに入っていたガラスは・・・

薄い!!

透明感が高い!!

これって、普通のガラスじゃないのかな?

(T . T)

まぁ・・・

YOUTUBEの自作ブリンターを見て回っても、海外の強者達はプラットフェームに娘の鏡を使っていたりとアバウトというか・・・

日本人ならば「我慢できない!!」人々も数多くおられるわけで・・・

CFvDBdYUIAAQ073

悩んだ結果、アクリル板を買って来るために100円ショップ行ってきた!!

そして、無かったので・・・

(;_;)

MDFボードで代用することにします。

厚さが違うけれど、テストだからOKだ!!

CFvZJHJVEAAyWmg

 

糸ノコギリで直径20cmの円形に切り出しまた!!

んーー、

糸ノコはなかなか難しかったぞ!!

CFvaRY1VIAAoUef

 

きれいな円に見えるけれど・・・

近くでみると恥ずかしいぐらいにガタガタ・・・

(;_;)

苦労して思いつてたんだけれど・・・

テスト用だったら円じゃなくても良かったんじゃね?

\(^o^)/

CFvbBAPVAAAJAUF

 

さぁ、ヘッドの調整?

印刷体積の調整にはいろう!!

Repetier-Hostを立ち上げて、赤で囲っている所にGコードを入力するぞ!!

「G1 Y80 Z30」を入れて送信!!

ヘッドがゆっくり下がるぞ!!

CFvr__LUEAA4Nff

Z軸の柱限界まで行った所で止まった。

ふむふむ、この位置が印刷限界の範囲みたいだね。

このまま、ジョグを使ってZ軸を下げていき、ヘッドとプラットフォームの間が0.2mmぐらいまで、少しずつ下げます。

CFvtguJVEAEgcDZ

んん・・・?

この段階で、ヘッドとプラットフォームの間を微調整するということは・・・

本番のガラス板じゃなきゃ正確な数字が出せないぞ!!

なので、ガラス板にチェンジ!!

まぁ、下がる速度はゆっくりだから、最悪割れることはないか・・・。

信じよう!!

ペラペラの強化ガラス・・・

CFvyWhuUkAA6Dqu

 

必要なパーツが自分で作れる幸せ!!

ガラスのプラットフォームを固定するために、 固定具を取り付けるよー!!

もちろんキットにはそんなものは入ってない!! だから、自前でプリントアウト!! \(^o^)/

CFv2l4lUIAAs-UM

 

これでガッチリ固定できた!!

プラットフォームの高さは一定に保たれるぞ!!

んーー、

でも少し外しにくい・・・

これも、落ち着いたら再設計かな?

\(^o^)/

とりあえずGO!!

CFv3INxUgAAZtr7 CFv3IjbUgAEteSb

 

さぁ、本格的に測るぞ!!

G-codeに”G1 Y80 Z30″を入れて送信!!

ジョグ使ってヘッドをじわじわ下ろす。

ヘッドとプラットフォームの間が0.2mmぐらいになったらOK

ソフト上のZの値をメモだ!!

画面悪くてすまん。

CFv6G5-UMAE56eF

 

んーー、

0.2mmの間隔を開けるために、PPC用紙をゲージの代わりに使ったんだけれど・・・

ガラスにテープが貼ってあるので、すでにガザガサというか・・・

こりゃ、制度でないヨォォ・・・

(T . T)

CFv6E9TUsAIbRnY

次はYタワーを測るぞ!!

最初に、ホームポジションボタンを押します。

G-codeに”G1 X69.3 Y-40 Z30″を送信!! ゆっくり下がる・・・

本当にゆっくり下がる・・・

(;_;)

コーヒーブレイクができるぐらいゆっくりとした時間が流れたよ・・・

これ、別に設定あるんだろうなぁ・・・。

要領は同じ!!

Yの値を出すぞ!!

CFv7_MnUIAAlgQq

  • Z-0.40
  • Y-0.58
  • Z-1.40

リミットスイッチまでの距離が出ました!!

\(^o^)/

この数字が同じになるよに・・・

何度も繰り替えします。

(;_;)

しかし、この数字が印刷品質に関わってくるぞ!!

3Dプリンターは平行出しが命です!!

ヽ(^◇^*)/

個人作成の3Dプリンターの事故の多くはここで発生します。

水平出しや等のトリミング作業で、何度もしめたりゆるめたりしているボルト&ナットが原因です。

一箇所のネジをしめなおすということは、フレームやパイプを通じて周囲のネジにも影響を与えます。

なので、一箇所のネジを調整したならば、周囲のネジと対角線に位置するネジも一緒にチェクしましょう!!

とても面倒くさい作業ですが、精密機械を組み立てているのだから、このぐらいの努力は惜しまないようにしましょう!!

o(^▽^)o

プラットフォームの水平出しが終わったのなら、次はプログラムにその数値を入れていきます。

Arduinoを立ち上げて、3Dプリンターの制御プログラムのMarlin(マーリン)を調整するんだけれど・・・

<(_ _)>

この辺りの作業記事は、後日まとめて作ります。

いやー、なんだか面倒なんだ!!

オートキャリブレーションぽい事ができるみたいなんだけれど・・・

まだよくわかっていない・・・

(T ^ T)

まとめてわかりやすくして書くから待っててね!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

初期のセッティングは大丈夫だと思う!!

最初のしゅっ力は10mmの立方体だぞ!!

がんばれ私の3Dプリンター!!

CF5c4qFUgAEXB8B

出力一回目は、失敗ダァァーー!!

(;_;)

プラットフォームに届かす、空中で白いニュルニュル出している・・・ 。

゜゜(´□`。)°゜。

高さの設定をしなきゃ・・・。

CF5vPl5UsAENBLl

 

再調整・・・?

ハード的にプリンと開始時の座標軸をX=0.0、Y=0.0、Z=0.0、に設定したいんだけれど・・・

ソフト的に印刷開始を・・・

Repetier-Hostを使って、ソフト的に印刷開始をX=-10.2、Y=0.0、Z=0.0に設定しました。

今は、もう大丈夫ですハード的に変更を加えるならば、Arduino使ってMarlinの設定を直接触れはいいと気がつきました!!

ヽ(^◇^*)/

さて、ここで問題が?

自作プリンターの醍醐味というか、RepRap3Dプリンターの素晴らしさというか・・・

ソフトでもハードでも、如何様にでも設定できてしまう凄さがあります。

ヘッドの制御、温度管理、エクストルーダーの出力量、モーターの速度・・・

数え上げたらきりがない!!

その辺りを一つ一つ攻めていき。適切な数字を割り出す作業は大変というか、醍醐味というか・・・。

o(^▽^)o

再度プリントアウト!!

第二回目の出力は成功だった!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

Z軸の高さの設定の仕方に少々不満を覚えますが・・・

とりえず、祝第二号出力成功!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

みんな応援ありがとう!!

CF6ZE6_VAAAqui6

1548108_807939859312880_7838752556289569195_o 11252012_807939939312872_800618474521008596_o

 

マニュアルなしからの挑戦だったのですが!!

デルタ型のプリンターって、基本スペックが高いのかな?

1cm立法のデータです。

みんな!!

褒めて褒めて!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

さぁ、これからが本当の戦いだ!!

今回、組み立てたKosse-800は、高さが300mmまで出力が可能です。

組み立てて理屈もわかったし、これを元にいろいろなパーツを作って取り付けたり、

改良を重ねて市販のプリンターに負けないレベルにまで持っていきたい!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

しかし、そこに落とし穴があるんだよねぇ・・・

3Dプリンターを作って思った事は「楽しい」という事です。

3Dプリンターは、工作機械です。

しかし、その工作機械を組み立てたり改良したりする事自体が楽しすぎました。

モノづくりは楽しい!!

しかし、3Dプリンターはあくまでも工具の延長線上にあって、

「何をつくるか?」

というモノづくりの本質から外れていった私がいました。

だって楽しかたんだよーー!!

\(^o^)/

 

さぁ、個人作家の皆様、

3Dプリンターは個人作家の方々に素晴らしい世界を提供する「道具」です。

興味がありましたら、お気軽にご連絡ください。

<(_ _)>

 

 

[`fc2` not found]
LINEで送る