前の記事へ  «
次の記事へ   »

やばい!!認識しない!!3Dプリンターがパソから見えない!!!( i _ i )

[`fc2` not found]
LINEで送る

CFmTn_aUEAEfcKU

※ この3Dプリンターは、皆様の応援をいただき、無事完成しました。

やばい!!

認識しない!! うんともすんとも言わない・・・

というか、パソから見えない!!!

( i _ i )

なんで・・・。

CFgKEffUsAAUM7x

回路図を見直しながら、ケーブルをチェック!!

んーー、ごちゃごちゃしすぎでわからない・・・。

(T . T)

こんな事もあろうかと!!

各ケーブルの両端にはタグシールを付けていたのだが・・・

CFl7r-0UMAAAbxW

拡張性を考えて、長いケーブルを付けてくれたのか?

それとも、本当は面倒臭くて適当なケーブルを放り込んだキットだったのか?

まぁ・・・

ねぇ・・・

全部外して、一つずつ部品を確かめよう・・・

一歩一歩着実にね!!

すっきりした!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFmUXMgUUAAOfKa

原因は、リミットスイッチの接続ミスだったよ。

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFk-Nj6UMAAWON0-300x212

こちらんが正しい!!

正解!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ !!

CFm6X9wUkAMSw76

さぁ、再接続だ!!

先ずは、Repetier-Hostを立ち上げて・・・

windows版は、日本語表示に変更できるんだけれど・・・

MAC版は、日本語用意されていないんだよねぇ・・・

まぁ、なんとかなるさ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

私の移植用ブローカー野をプリントアウトして・・・

rhm-startscreen

メニューから、

printer → printersetting を選択します。

ポート番号と通信速度を設定して・・・

スクリーンショット 2015-05-28 11.14.18

左上のコネクト(connect)アイコンをクリックします。

赤いアイコンが、グリーンになったらOKよ!!

スクリーンショット 2015-05-28 11.18.48

成功じゃん!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

今度は、エクストルーダーが・・・

どうやら・・・

エクストルーダー周辺というか・・・

モータードライフが怪しい・・・

( i _ i )

動いていない・・・。

IMG_1455

エクストルーダーは、ファラメナトを送り出す部品です。

ここで押し出されたファラメントが、加熱されたヘッドに押し込まれて溶けます。

溶けたフィラメントは注射器の要領でノズルから押し出されるのです。

なので、ここが回らなかったら・・・

溶けた樹脂がニュルニュルっとノズルから出てきません!!

(T ^ T)

やっぱり日本語のソフトが安心して触れる!!

このブリンターのドライバーソフトとしてはRepetier-Hostというソフトを使います。

MAC版は英語しかないので、windowsを用意しちゃった。

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

同じソフトでも、全然インターフェイスが違うじゃん!!

CFqKZ6AUMAEmSPB

さぁ、チェック再開だ!!

  1. USBケーブルで3Dプリンターとバソコンを接続。
  2. 3Dプリンターの電源を入れる。
  3. 接続ポートを確認して、設定する。
  4. 接続アイコンをクリック。

接続完了!!

さぁ、手始めにヒートヘッドを加熱してみよう!!

やった!!

ちゃんと加熱してくれだそ!!

。゜゜(´□`。)°゜。

感動だよ!!

感動の200度まで加熱して、焦げ臭かったのでオフにした!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

まだ、この3DプリンターはPLA専用なので180℃〜200℃まで加熱できたらOKよ!!

CFqLhnSUUAAFjFX

ヘッドブロックはジコジコと動いてくれている!!

ステッピングモーターの接続も間違っていなかったよ!! 。

゜゜(´□`。)°゜。

嬉しいねぇ!!

これだけで嬉しすぎで涙が出そうになった事は内緒だぞ!!

CFqRqrfUgAAPpCj

そして、エクストルーダー!!

これが昨日から動かんかったんだよねぇ・・・

うんともすんとも動かなんった・・・

こいつのために、Windows環境まで用意する事になって・・・

いろいろ調べた結果・・・

Repetier-Hosの仕様でした!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

一度、ノズルが(約)200度を超えないと、Extrudeは動作しません。

cold extrusion preventedというエラーが出ます。

なんだってーー!!

Repetier-Hostのそうしう仕様だったの??

CFq5n0vUIAA4kId

知らなかった・・・

まぁ、問題克服!!

次に進もう!!

X軸、Y軸、Z軸、エクストルーダーが動いていることを確認!!

ヘッドも200度まであったまるぞ!!

なんだ・・・

動いているじゃん!!

\(^o^)/

引っ張り出したケーブルをまとめるよ!!

CFq81NbVAAAKQNT

さぁ、ケーブルは押し込んだぞ!!

初期起動のテスト開始だー!!

USBケーブルで繋いで・・・

3Dプリンター本体の電源をON!!

Repetier-Hostを起動して・・・

赤いところをクリック!!

グリーンになったら接続OKだ!!

CFrCZ_YUUAAIFb8

リミットスイッチのチェックをするよー!!

赤の四角で囲んでいるところに「N119」とキーボードから打ち込んで、 送信をクリック!!

下の四角にZ max poen と表示されるとOKだ!!

CFrF_1FVEAAdbga

「M119」コードを入力する所は同じなんだけれど、 各リミットスイッチを指で押さえながら入力します。

すると、「Z MAX TRIGERED」と表示されたらOKよ!!

あらら・・・

スイッチと表示がずれている・・・

(;_;)

CFrHOwVUEAICRdO

んーー、なんでだろう?

(ノД`)・゜・

理由はわからないけれど、M119コマンドと、リミッタスイッチの反応というか、 チェックを同じにするために、ボードのジャックを差し替えだ!!

CFrK9gvUMAEiufr

こうやって、どの配線がどの回路につながって・・・

どのモーターが、どんな役目をしているのか理解することが嬉しい!!

電子工作って楽しいね!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ 

そして、激突!!

次に、ヘッドが動くかどうか? のテストなんだけれど・・・

どのボタンクリックしても・・・

全てヘッドが物凄い勢いで、ベッドに激突する!!

なんて?

( i _ i )

CFrSqHbUsAAzMmX

回路図を見直してみても、間違って接続している場所はないだけれど・・・

ステッピンモーターの接続ジャックを左右逆に接続したら・・・

動いたじゃん!!

なんでだろうねぇ・・・。

まぁ、結果オーライだ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFrWG0gVAAAdI-c

ヘッドの真鍮が曲がる?

プラットフォームのガラスが割れる?

中華ケーブルは接続が・・・

ここから先の作業は、少々怖い!!

ここまで来て、壊れたら泣く!!

なので、防御手段を考えるために・・・

買い物に行こう!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

[`fc2` not found]
LINEで送る