前の記事へ  «
次の記事へ   »

おはよー!!、今日はヨカラボ天神での作業だよ!! 3Dプリンターの続き作るよー!! ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

[`fc2` not found]
LINEで送る

CFaOuKDVEAA1sFt

 

おはよー!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

今日はヨカラボ天神での作業だよ!!

3Dプリンターの続き作るよー!!

昨日は、作ったパーツはこれだ!!

はまらなかったらどうしよう!!

(T . T)

大丈夫!!

失敗していたら、我が家kのAFINIA(3Dプリンター)で出力しなおしてやる!!

CFXJ9lZUkAE7Y5J

 

3Dプリンターのある生活っていろいろ劇的に変わるぞ!!

面白そうだと思った人は、早速手を出そう!!

そして、苦労しよ・・・

ご相談いただければ、アドバイスいたします。

m(_ _;)m

ドキドキ!! レールに上手くはまるかな!!

先ずはローラーをキャリッジパーツに、M5ネジで固定します。

 

このネジがローラーの回転軸になるぞ。

キットに入っているオリジナルパーツは、ナットを二個つかって距離を調整しました。

というか、ナットを二個かませないとキャリッジパーツとフレームが接触して動かなかったよ・・・

o(;△;)o

CFaWWnEUMAATP-B

今回は、スペーサーを3Dプリンターで出力しています。

距離も十分!!

スッキリしていいですね!!

CFaWX88VIAA9FXb

 

スルスルッと入るはずだ!!

いやー、昨日お家の3Dプリンターで出力したパーツ・・・

アルミフレームをもって帰ってなかったので、上手く入るかどうかわからなかったんだよ。

ヾ(@^▽^@)ノ

さぁ、テストだ!!

設計通り!!

ぴったりと!!

スムーズに!!

抵抗なく!!

滑るローラー!!

わっ、はっ、はっ!!

我の技術は素晴らしいではないか!!

この技術をもってすれば、三丁目あたりまでは征服できそうだ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFaW9vTUEAA6NVn

 

こっちがあわねー・・・

アームとの接続パーツをM3ネジで止めてみたけれど・・・

このパーツのネジ溝、深さがバラバラなんだよねぇ・・・

色も違うし・・・

データから作り直しちゃおかなぁ・・・

( ̄▽ ̄)

 

だめだめ!!

完成が先だよね!!

並べてみたらこんな感じ

CFaZhI4UUAEZA9y

なんだか雲行きが怪しくなってきたぞ・・・

キャリッジ部分を3個作るんだけれど・・・

写真の黒いパーツはキットに入っていたパーツ。

ネジを止めるときに頭が出ないようにする凹穴の深さがてんでバラバラ・・・

やはり、このパーツ作り直そうかなぁ・・・。

CFaix4wUMAA97PD

凹穴の深さがバラバラだと何が悪いのか?

それは、ネジの長さが変わるからです。

凹穴の深さが変われは、締め込んだときに突き出るネジの長さが変わります。

なのて、ネジの長さで調整したり、ワッシャーを入れたり・・・

かっこ悪い!!

一つのパーツを固定するのに使うネジが三箇所。

その三箇所すべてのネジの長さが違うっておかしくない?

ネジが収まる凹みの深さが違うから、飛び出さないようにするには、ネジの長さで調整するしかないじゃん!!

(ノд・。)

CFajad7UgAAXDBQ

 

突き出たネジのサイズがバラバラだとなにがいけないか?

キャリッジは、フレームの溝をローラーが滑るような構造にします。

ローラーとフレームの距離は一定にします。

また、変な出っ張りがあるとフレームに接触しゴリゴリと削ることなります。

CFakI3-UkAA2yKG

フレームとローラーの距離は、一定に保たなければいけません。

ネジの突き出る長さが違っていたら、そこに引っかかります。

いや、、突き出たネジがあってはいけませんよぉぉぉ!!

CFaktiYUkAA2LEU

その距離を調整するために、ワッシャーを入れたり、ネジの長さを変えたりして調整しました。

まぁ、しっかりと固定され、ゆるまなければ良いのだけれど・・・。

やっぱりこのパーツは作り直しだ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

まぁ、先に進もう!!

このパーツは後々私が作ってやる!!

また、構造も理解できたし、デルタフレームを組んだ後でも交換できそうな構造だ!!

スパイダーブロックを完成させるぞ!!

CFamwLGUkAE83ml

アルミフレームの柱に、 スパイダーブロックをスルスルっと入れるぞ!!

スパイダーの腕は3本!!

人間の腕は二本!!

シャッターが押せないじゃん!!

なのでヨカラボのスタッフのお姉さんに手伝ってもらったぞ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFapex2UkAAg3_N CFapeejUUAAbbRD

 

 

だんだん形になってきた!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFapue4UEAApIdj

 

ここでも「転ばぬ先の杖」だよ!!

ヾ(@^▽^@)ノ

この作業、わかっていたけれど・・・

スパイダーブロックの中心のヘッドブロックが、 思った以上にフレキシブルに動いてしまう。

まぁ、3Dプリンターのヘッドは縦横無尽に動かなければ、3D出力できないよね。

当たり前と言えばそうなんだけれど・・・

とにかく動くんだよ!!

そして、そのガンガン動くヘッドブロックには、ノズルなどの傷付きやすい部品が集まっている!!

要注意だ!!

良い子は保護シートを被せているよね!!

o(^▽^)o

CFapue4UEAApIdj

 

フレーム・トップブロックを組み込むよ!!

最初は M3 X 8mm ネジでも不安だったけれど、 だんだんネジのことがわかってくると、 これ8mmがピッタリだ!! ということがわかってきた。

やっぱり経験って大切だ!!

o(^▽^)o

CFasc-UUkAARBpT

 

 

この四角のナットも、 最初は「アルミのフレームに押し込みにくいぞ!!」

と思っていたけれど、フレームの溝にガッチリはまって具合いいんだなぁ・・・

と、思えるようになってきた。

同じ作業を何度もすると、見えないものが見えるようになるのかねぇ。

DTP(デスクトップパブリッシング)の世界に長くいると、直接触って、組み立てながら考えるというか、

手を動かして肌感覚でわかったり、見えてきたりするものは大切だ!!

実学ってやつはこんな感じなんだろうなぁ・・・

数年前、学校の先生が集まったときに「実学とは!!」なんて講義したときもあったんだけれど・・・

その講義自体が「レジュメ」や「スライド」を使って会議室でやったんだ。

実学の講義を座学でやってしまった失敗例だったんだろうなぁ・・・。

(ノд・。)

CFatMQZUkAAz6eR

しかし!!

指が太い私には、この溝の中に指を入れながらナットをしめる作業は難しい!!

ピンセットでつまんでネジをしめる?

((( ;゜ Д ゜)))

パチンとナットが飛んでいきそうだよ!!

(⌒▽⌒)

CFat1kTUsAU9URy

 

そうそう!!

この作業の前にスパイダーユニットの固定をしておこう!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

ガクガク動くこスパイダーをあちらこちらにぶつけて壊さないようにね。

コーナーに押し付けて紐でグルグルだ!!

CFaxBurUEAAgexl

 

それじゃ、トップユニットをはめこむぞ!!

トップブロックをはめ込む前に潤滑剤をスプレーします。

ここからの作業は、3Dプリンターを横向きにしてやると楽だぞ!!

もちろん、スパイダーユニットは固定しておくこと!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFax08sVEAAvVbb

トップブロックには上下があります。

六角のナットが入る凹みがある方が上です。

この凹みは後々重要な役目を果たすかもしれないぞ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

CFayfbeUkAAhkkJ

 

前言撤回!!

この作業は立ててやった方がやりやすかった!!

ある方からのアドバイスを受けて、横向きにして作業を・・・

しかし、フレームを差し込む穴が小さくて・・・ 押

し込む作業は縦にした方が私にはやりやすかった!!

<(_ _)>

CFa1HsaUMAA2mMG

トップユニットの三角形はどこかが下がっていてもダメです。

ベースユニットとトップユニットは平行でなければならないぞ!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

そして、先っちょはフレームが15mm飛び出した状態で固定します。

なんで15mm?

いゃ、ネット上で見つけた同機種の組み立て説明にそう書いてあったんだ・・・。

まぁ、作業が進んだらそのうちわかるようになるさ!!

ヽ( ´¬`)ノ

M3 x 35mm をトップユニットのネジ穴に通すんだけれど・・・

この穴が斜めで苦戦するぞ!!

下からナットで締めるんだけれど・・・

k800の設計は斜めボルトが多すぎない?

このネジ、何になるんだろう?

CFa6lP4VIAAiN2g CFa6lJ6UkAAiFuf

 

作業はカタツムリダッシュで、着々と進んでおります。

今日、テトラ型に組み上がった事が嬉しかった!!

着々と進んでいる感じだね!!

ヽ( ´¬`)ノ

本当は、私がデータを作ったパーツがうまくいった事の方が嬉しかった!!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

この小さな楽しさの積み重ねが嬉しいよね!!

組み立てキットって楽しいね!!

ヾ(@^▽^@)ノ

[`fc2` not found]
LINEで送る