前の記事へ  «
次の記事へ   »

さぁ、自作3Dプリンターで大型プリントアウトの実験だ!!


名称未設定-1

さて、大型プリントアウト!!

20cm × 30cm の出力ができるから選んだ Kossel-800 !!

ヽ( ´¬`)ノ

なので、テストプリント開始!!

まずは、最近はやりのFusion 360で作ってみよう!!

Fusion 360 は123D Design の上位互換といっていいぞ!!

123D Design は初心者用の3D CADだが、Fusion 360 はプロ用のツールとしても十分使えるというか・・・

プロツールだ!!

ヽ( ´¬`)ノ

直径10mm、高さ30cmの円柱を作ります。

幅は20cmの印刷範囲がありますが、プラットフォームの平行を出していないので、直径を10cmにします。

今回は、高さのテスト、つまり30cmの高さが安全に出力できるかのテストです。

Fusion 360 を起動!!

  1. MODEL モード
  2. CREATE
  3. cylinder

の順番でマウスをクリック!!

名称未設定-1

円柱の底面をXY平面に配置するので、XY面を選択する。

名称未設定-1

  1. 座標軸 X=0、Y=0、Z=0 をクリックして円の中心を確定。
  2. 直径10mmを入力。
    マウスをドラッグしてもOK!!
    ボックスに数字を入力してもOKだよ!!

名称未設定-1

次に高さを設定します。

初期値では5.00mmが入力されています。

ここに 300mm と入力すれば高さが 30cm の円柱ができます。

名称未設定-1

 

直径10cm、高さ30cm確認したら、OKをクリックしてオブジェクトを確定します。

名称未設定-1

Fusion 360で作成した多オブジェクトを、3Dプリンター用の汎用データ.STLファイルに出力する方法は、少々変わっています。

Bodiesフォルダー 内の Body1 を右クリックします。

今回の、Body1 とは最初に作ったオブジェクトということです。

7つのオブジェクトを作ると、Body7 と表示されます。

オブジェクトの数だけ増えます。

  1.  Body1 を右クリックしてドロップメニューを表示します。
  2. Save AS STL を選択します。

名称未設定-1

OKを選択して出力先を指定します。

名称未設定-1

さぁ、出力してみよう!!

ヽ( ´¬`)ノ

Fusion 360 で作ったファイルを Repetier-Host で開いてみよう!!

あらら・・・

そうだった、Fusion 360 出力した STL ファイルは、90°回転して出力されるんだった・・・。

名称未設定-1

オブジェクトを回転させます。

  1. Reset Rotation を選択
  2. X軸のボックスに90を入力
  3. オブジェクトが90°回転する。

名称未設定-1

さぁ出力だ!!

結果から報告・・・

(ノд・。)  (ノд・。)  (ノд・。)  (ノд・。)  (ノд・。)

(ノд・。)  (ノд・。)  (ノд・。)  (ノд・。)

(ノд・。)  (ノд・。)  (ノд・。)

(ノд・。)  (ノд・。)

(ノд・。)

 出力が途中で止まってしまいました・・・。

そして、出力物は、おもったよりもガタガタ・・・。

 ウィーン、ウィーン・・・

ヘッドは動いているけれど・・・

出力が途中で止まってしまった・・・

(ノд・。)

30cmどころか、出力は8cm辺りで止まってしまった・・・
IMG_1790

表面もガタガタしている・・・

IMG_1786

途中で出力が止まってしまった・・・

IMG_1792

現状の問題確認!!

  1. フィラメントの出力が安定していない。
  2. ヘッドの制御が不安定。

問題は一つ一つ解決しよう!!

(ノд・。)

違う!!

悲しむべきことは、解決すべき問題が分らないことこそ悲しむべきだ!!

ということで!!

まだまだ、出来る事が沢山だ!!

先ずは、エクストルーダーから解決しよう!!

ヾ(@^▽^@)

私のデルタ型3Dプリンターは改造に改造を重ね、結構いい具合に仕上がりました。
上記の生地は、その過程を掲載したものです。
ヾ(@^▽^@)ノ
リクエストがあったので、徐々にアップしていきますね。
||| \( ̄▽ ̄;)/ ||