前の記事へ  «
次の記事へ   »

カムボックスを作ってみた!! (其の三)

[`fc2` not found]
LINEで送る

さて、今日からいよいよ可動部分です。

今回もテストを兼ねていろいろやりますね!!

さて、クランクシャフトですが、今回のシャフトの断面は四角にします。

理由は以下のとうり。

  1. 3Dプリンターで出力する場合、向きにもよるが、丸より四角の方が出力しやすい。
  2. ラフト材やサポート材を減らすことができる。
  3. ねじれ強度のテストをする。

まぁ、こんな感じのテストも兼ねて四角柱にします。

では、モデリングする前にアナログスケッチ!!

IMG_0613

先ずは、クランク部分のモデリングをします。

名称未設定-1

今回は、クランクの握り部分に5mmの心を入れました。

その周りに6mmの穴を開けてグルグル回るようにします。

名称未設定-2

 

プリントアウト!!

IMG_0617

さて、可動部はどうかなぁ・・・

OK!!

次に、カムの部分を作ります。

回転するのでそのスペースを確保します。

こんな感じで当たりを付けて直径3Cmにしました。

中心点から、外周までの距離が上下する距離になります。

あと、クランクを通す穴も必要ですね!!

名称未設定-3

こんな感じにモデリング。

名称未設定-4

そして、プリントアウト!!

IMG_0619

次に天井も改造!!

上下するピストンというか、バーを通すガイドを設置。

スケッチの予定だと、8mmの四角の棒が上下するから、10mmの四角い穴をあけます。

ガイドの長さはフレームのサイズに合わせて8mmにしてしまったので、がたつきが出ないか少々不安です・・・。

名称未設定-5

んで、プリントアウト!!

IMG_0633

れでは、組み立ててみましょう!!

最初にクランクガイドにクランクを通します。

IMG_0622

次に、カムをクランクに通します。

IMG_0623

クランクが四角なので、回転運動中に滑りません。

んん、良い感じ!!

IMG_0626

 

クランクに受け軸を通します。

IMG_0627

そして、抜けないようにストッパーを差し込む。

これでクランク部は完成!!

IMG_0628

このクランク部をユニバーサル・フレームにセットします。

IMG_0630

2本の支点でもOKなのですが、強度的に心配なので、もう2本支柱を足します。

まぁ、最初からそういうデザインにするために穴を空けていたのです!!

IMG_0631

天井に上下するピストン? を差し込みます。

IMG_0634

こんな感じ!!

IMG_0636

上部のフレームと機関部(カム部分)をジョイントします。

完成!!

IMG_0637 IMG_0639

動かしてみる!!

簡単な動きだけれど、動かすと結構楽しい!!

 

[`fc2` not found]
LINEで送る