前の記事へ  «
次の記事へ   »

ダビンチ1.0Aを改造するよー!! プログラムを書き換えちゃうぜ!!(準備編)

[`fc2` not found]
LINEで送る

今回の記事は復旧不可能な改造が含まれています。

当記事を参考に改造を施す際には自己責任にての作業をご了承ください。

当方は一切の責任をおいません。

それでは、始めるよー!!

da Vinci シリーズのメインボードはArduino ZERO の構成と同じです。

Arduinoの使用時要件に「商品開発に使用しても良いが、製品版にArduino本体をそのまま組み込んじゃだーめよ!!」という条件があります。

なので、回路基盤を引き直して同じ構成のチップセットが載っています。

もう少し突っ込んだ話をすると、製品版に搭載用にArduinoと同じチップセットのボードは各種限りなく存在しています。

Arduinoで設計して、製品版には弊社のボードを使ってね!!という会社は少しネットを検索したら出てきます。

このサイトは上記のお話とは違いますが、市販パーツで構成されている3Dプリンターの多くのパーツはネットで手に入る便利な時代です!!

(≧▽≦)

https://3dprintersuperstore.com.au/products/motherboard-for-da-vinci

プログラムを書き換えたら何ができるの?

先ずはプログラムを書き換える理由が必要ですね!!

  • 様々なフィラメントが使用できる。
  • Repetier-Hostで制御できるようになる。
  • 様々なスライサーが使えるようになる。

大きな利点は上記の三点でしょう。

デメリットもあります。

  • 書き換えに失敗したら壊れる!!

最大のデメリットですね・・・。

まぁ、壊れてしまったらメインボード本体をArduinoに変えてしまうという方法もありますけれどね!!

(((o(*゚▽゚*)o)))

様々なフィラメントで使用できる。

da Vinci pro ではサードパーティー製のフィラメントが使えます。

最近の御家庭用3Dプリンターでは、サードパーティー製のフィラメントが使用できる仕様の機種も出てきています。

初期のXYプリンティング社の3Dプリンターはとてもお高いカートリッジ式のフィラメントを購入しなければならなかったのですか・・・。

Repetier-Hostで制御できるようになる。

Repetier-Hostf は、フリーウエアの3Dプリンターの制御ソフトです。

各箇所の温度、印刷速度、出力量なと様々なパラグラフを自在に設定することができます。

ラピッドプロトタイピング(rapid prototyping)で制作された3Dプリンターの多くが使用するソフトです。

初心者には少々敷居の高いソフトですが、使いこなすことができれば最高の出力品質を導き出すことができます。

自分の3Dプリンターと使用する様々なフィラメントに最適な出力品質が設定できるようになります。

温度設定の記事でも扱ったように最適な温度設定が導き出せます。

様々なスライサーが使えるようになる。

スライサーとは、3Dデータを3Dプリンターがヘッドを動かして印刷する道筋を決めるソフトです。

Repetier-Hostf は最初からslic3rをはじめ四種類のスライサーがあらかじめ使用できる状態になっています。

またRepetier-Hostf では新しくスライサーを導入するコマンドも用意されています。

スライサーの設定に慣れてくると以下の事ができるようになります。

  • 外壁の厚さを自由に設定できる。
  • フィラメント別にサポート材が剥がしやすいサポート材を設定できる。
  • 出力形状により得意なスライサーを設定し、出力品質を引き上げることができる。
  • 様々なインフィルの設定ができくる。

そのた様々な利点がありますが・・・。

一つ一つのパラグラフを理解して設定すするのは中々面倒くさい・・・。

( ノД`)

でも使えるようになったら貴方のda Vinciは凄いことになるぞ!!

下の写真は馬頭(メズ)をda Vinci Duo で出力しました。

使用したフィラメントは激安中華フィラメント!!

出力レイヤーは0.15mmです。

的確な温度設定や押し出し量の設定、印刷速度などを導き出すことができれば、da Vinciでもここまで出力できます。

出力後、サポート材をバリバリとっただけです。

ヤスリ掛けしていません!!

(≧▽≦)

馬頭(メズ)はMeshMixerで作ったよ!!

耳がチョットヨレていますが・・・。

解決方法はあります。

今回は横着しちゃった!!

(ノ*゚▽゚)ノ

用意するモノ!!

改造するXYZ社 da Vinciシリーズの3Dプリンター

今回書き換えるプログラムは以下の機種に対応しています。

  • da Vinci 1.0A
  • da Vinci 2.0シングルファン
  • da Vinci 2.0 Duo
  • da Vinci Aio

Repetier-Host

3Dプリンター制御を制御するソフト。

このソフトが使えるように改造します!!

ダウンロードはこちらから!!

https://www.repetier.com/downloads/

 arduino IDE, 1.6.9

旧バージョンの arduino IDEです。

最新のバージョンで書き換えることもできますが・・・。

事故が起こる可能性が多いので、このバージョンをダウンロードして使ってください。

ダウンロードはこちらから!

https://www.arduino.cc/en/Main/Software

Repetier-Firmware-0.92

このプログラムをda Vinciに書き込みます。

元のプログラムはMerlinベースのプログラムをda Vinciシリーズで使えるように書いてくださった天才に感謝!!

ダウンロードはこちらから!

https://github.com/luc-github/Repetier-Firmware-0.92

(ノ´▽`)ノ

さぁ、ソフトの用意はできたかな!!

成功すれば明るい未来!!

(((o(*゚▽゚*)o)))

失敗すれば巨大なゴミが出来上がる!!

°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

さぁ、皆もチャレンジしよう!!

続きは明日!!

今回の記事は復旧不可能な改造が含まれています。

当記事を参考に改造を施す際には自己責任にての作業をご了承ください。

当方は一切の責任をおいません。

 

[`fc2` not found]
LINEで送る