前の記事へ  «
次の記事へ   »

Fusion 360で3Dプリンター出力用のデータを作るコツだよー!!

[`fc2` not found]
LINEで送る

ポップガード作ったよ!!

買った方が早いんじゃない?

そんな事は言ってはいけません!!

既存の物を試行錯誤しながら作り続けることこそ、上達の早道です。

3Dプリンターブームも一段落すぎて数年が立ちました。

しかし、やっている人はやっている!!

そして、いまだにこっそりやりたい人もいる!!

そんな方々のために3Dプリンターで出力しやすいデータの作り方を解説しちゃうよー!!

(≧▽≦)

使うソフトは超便利ソフトFusion 360です。

出力に使う3Dプリンターは改造da Vinciです。

改造da Vinciの記事はこちらを参照してね!!

ポップガードのデータ作り6つの秘密!!

  1. 全てを3Dプリントする必要はない。
  2. Fusion 360はネジも得意。
  3. ネジには滑り止めを付けよう。
  4. パイプホルダーは小さめに作るべし。
  5. 出力方向による強度を考えよう。
  6. フィレットで強度を補強しよう。

今回はポップガードをつくりました。

御家庭用3Dプリンターでの出力するときには、お持ちの3Dプリンターの特性を考えてデータ作りをしましょう。

それでは、一つ一つ説明するねー!!

1 全てを3Dプリントする必要はない。

3Dプリンターり出力には時間がかかります。

既存の材料があるのならば利用しましょう!!

作業時間の短縮や強度の強化につながります。

今回は机の端っこに10mmの木材丸棒が有ったのでそれを使用します。

丸棒の利点としては、回転させても良いということです。

丸棒を使うことにより可変箇所が増えます。

実際に使用したときに角度を調整する場所が多いということは、使いやすいはずです。

きっと使いやすいはずですって!!

(;^_^A

Fusion 360はネジも得意。

Fusion 360はネジも得意なのです。

今回は10mmのボルトとネジ穴を作ります。

やり方はこんな感じです。

  1. 直径10mmのスケッチを書く。
  2. 押し出しコマンド(push/pull)を使って穴をあけます。
    赤で囲んだところが切り取りになっていることを確認してね!!
    画面のピンク色の所が削れる部分だ!!
  3. 作成 → ネジをを選択します。
  4. 先ほど開けた穴の内側をクリックする、適当なネジのパラグラフが選ばれます。
    ネジのパラグラフはここからでも変更できます。
    というか、ネジの種類もパラグラフも多すぎ!!
    最初のうちは、ここら辺りを深く考えなくても大丈夫です。
    いゃ、実は大丈夫じゃないんだけれど・・・。
    ネジの深い深い沼にはまるので考えません!!
    ネジ屋に絶対怒られるなぁ・・・。
    (;’∀’)
    私たちが日常的に使っているISOメートルネジでOKだと思うよ。
    というか、日本に住んでいる私の周りはISOネジばかりだからね!!
    今回は使わなかったけれど、ISO管用ネジのプロファイルも結構便利だぜ!!
    このパラグラフは塩ビ管に使われている数値です。
  5. ネジ穴はモデルかしてね!!
    モデルかの ☑ チェックボックスにチェックを入れないとSTL出力したときに螺旋が刻まれません。
    これ、結構忘れちゃうんだよなぁ・・・。
    皆は忘れないでね!!
  6. OKをクリックしたらメスネジの完成です。
    とっても簡単!!
    ありがとうオートデスク様!!
    (≧▽≦)
  7. 同じ要領でオスネジも作っちゃうよ!!
    10mmのネジだから10mmの円柱を作ります。
    この段階でオフセット(隙間というか、合わせめというか、その辺りの事ね)は考えなくてもいいよ!!
  8. 押し出しコマンドで直径10mmの円柱を作るんだけれど・・・。
    下の図の赤い(ピンクかも?)面をクリックすると自動で高さが合わされます。
    便利だね!!
    こんなチョットした便利機能を自然と使いこなせるようになると、作業効率がどんどん上がるぞ!!
    (∩´∀`)∩
  9. 何も考えず円柱の側面をクリックしよう!!
    直径が同じならば、ジャストサイズのボルトを作ってくれるぞ!!
    (((o(*゚▽゚*)o)))
    ネジのパラグラフが同じならば、隙間は設定されているはずです。
    この隙間は0.156mmに設定されます。御家庭用の3Dプリンターの公差の多くが0.3mmなので、0.15mmぐらいの公差があれば具合よく噛み合うはずです。

    まぁ、ここら辺りはトライアンドエラーなんだけれどね!!
    (∩´∀`)∩

    ※ 実は御家庭用の3Dプリンターでは商品の差もさることながら、同じ製品でも各筐体の個体差があります。

    ※ 使用するフィラメントによっても収縮率が違うので実際は何度かテスト出力してご使用のプリンターとフィラメントの相性と組み合わせの誤差の目安を知っておく必要があります。

    ※データ通りに出力されるとは限りません・・・。

    だからと言って、御家庭用の3Dプリンターが使えないと考えるのは短絡的です。

    実際の工業製品も部品の組み合わせで出来ています。

    全ての部品には公差という概念があります。

    公差とは部品の個体誤差です。

    公差が限りなくゼロに近い部品は生産時にロスが沢山出ます。

    なので高額な部品になります。

    部品の価格は直接、製品の価格に反映されます。

    日常生活の中の部品の公差は0.3mmぐらいでも全く支障がないと私は考えます。

    要は、御家庭用の3Dプリンターでも、個体の性能と使用する素材の特性を知った上で、3Dデータの作成をするならば、ググっと性能がひ吐き出されますよ!! というお話です。

    (*´▽`*)

  10. ネジの頭を作ろう!!
    ヘッドの部分のなる円柱を作ります。
    円の直径は20mmぐらいにします。
  11. 高さ(厚さ)は10mmぐらいが適当でしょう。ネジの頭にネジ山(+とか-です)はつけません。

    今回は六角ボルトで締めるわけではないので、頭の形は六角形にしません。

    御家庭用の3Dプリンターで出力したモノは強度的にとても弱いのです。

    だって出力材質がABS樹脂かPL樹脂の二択だもん!!

    ネジ回しやスパナで締める事を前提とした形状にすると、どうしても工具を使いたくなります。

    工具でボルトを締め上げるということは、そのまま破損の恐れがあります。

    なので最初から「手で絞めましょうねぇ」という設計にします。出力の際に金属やその他の補強材を入れることを念頭に設計した場合や、インフィル(重点率)を100%にするなど強度を上げる方法もあります。

    まぁ、金属のボルトとは素材自体が違うので限界はありますよね!!
    (*´▽`*)

3 ネジには滑り止めを付けよう。

出力物の強度を考慮して手締めのネジを作りました。

しかし、これでは滑りやすく使い勝手が悪くなりますね。

なので、滑り止めのギザギザをつくります。

  1. ネジの上面に直径2mmの円をスケッチします。
  2. 押し出しコマンドで溝を一本削りましょう
  3. 作成 → パターン → パス上のパターンを選びます。
    1. 溝を円柱の側面に沿って量産・配置しましょう
      パターンタイプ
      オブジェクト 一本目で削った溝を選択する。
      パス ネジの頭を作った時に使った円を選択
      数量 溝を複製する数を入力。今回は15を入力したよ
      方向 パスの方向を選択

  4. 手で絞めやすそうなネジの完成です。

なんだか記事が長くなってきたので今日はこれまで。
m(__)m

[`fc2` not found]
LINEで送る