3Dプリンターでボルトとナットを作るコツをまとめたよー!!

3Dプリンターで何でも出力できますか?

何でもは出力できないよ!!

出力できる物もあれば、出力できないものもあるんだよ・・・。

そして、少し工夫することで出力できない物も出力できたり・・・。

工夫しないと出力できるモノも使用に耐えないモノになりますよ。

んー、当たり前といえば当たり前なのですが・・・。

3Dプリンターで出力するには、工夫が必要と言う事だね!!

その代表格としてボルトとナットがあります。

(・・?

ボルトとナットなんて、買ってくればいいじゃないの?

まぁ、そうなのですが・・・。

( ノД`)

この工夫の考え方をマスターすれば3Dプリンターの出力スキルがググッと上がるぞ!!

(≧▽≦)

記事は3つに分かれています。

最初の記事

  1. 全てを3Dプリントする必要はない。
  2. Fusion 360はネジも得意。
  3. ネジには滑り止めを付けよう。

二番目の記事

  1. パイプホルダーは小さめに作るべし。
  2. 出力方向による強度を考えよう。
  3. フィレットで強度を補強しよう。

三番目の記事

  1. 手で回すネジにしよう。
  2. 出力方向を工夫することで強度が変わる。
  3. 柱を作ることにより、冷却を追いつかせる。
  4. 鉄のボルト&ナットでねじ切り直し。
  5. 本物のタップとダイスをつかう。

3Dプリンターで様々なモノを作るときの設計段階における考え方の説明です。

  • Fusion 360でネジを作る方法。
  • 強度や形状による特性。
  • 出力特性
  • 心理的なお話

こんな感じで書いています。

最初の記事はこちら。

Fusion 360で3Dプリンター出力用のデータを作るコツだよー!!

二番目に記事はこちら

Fusion 360で3Dプリンター出力用のデータを作るコツだよー!!(その二)

三番目の記事はこちらです。

Fusion 360と3Dプリンターでボルト&ナットを作るよー!!

色々作れると楽しいぞ!!

(≧▽≦)

 

 

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲