前の記事へ  
次の記事へ   »

我が家にアフィニア(Afinia H-Series 3DPrinter)がやってきた!

[`fc2` not found]
LINEで送る

我が家に3Dプリンターがやって来ました。

まだまだ、結構なお値段だったけれど・・・

機種選定には、2つの3DPrinterを貸してくれる場所、2人の3Dプリンターを持っておられる方々を回り、クオリティーと値段を検討して選びました。

そして、注文・・・

午後5時ごろの注文でしたが、2日後には到着!!

 

IMG_0338

結構軽い・・・。

IMG_0340

日本語の説明書が入っていましたが・・・

マニュアルの構成が結構わかりにくかった・・・。

IMG_0340

梱包はシッカリとしています。

IMG_0343

 

梱包材がギチギチなので・・・

IMG_0348

 

ビニール袋の口を以て・・・

IMG_0350

よいしょっと・・・

こうすると引っ張り出すとき、

触っちゃいけない場所や、力をかけてはいけないパーツなどに不用意に触れることはないぞ!!

IMG_0357

 

梱包、移動用の固定パーツが2箇所にがっちりはまっています。

下と・・・

IMG_0361

 

上・・・

ここね・・・。

IMG_0364

 

無くさないように取っておくと良いかも。

このパーツ3Dプリンターで作ってる!!

IMG_0366

 

電源ユニットは結構デカい!!

でも日本のコンセントでOKよ。

IMG_0375

 

コンセントのプラグが3本あった!

IMG_0383

 

余った一本は、乱暴にカットしても良いんだけれど・・・

怖いから、昔100均で買った変換コネクターを使います。

IMG_0384

 

素材(フィラメント)700g付き・・・。

色は白だったよ。

IMG_0373

プラットフォーム3枚入っていたよ。

この板が優れものです。

穴が空いたプリント前の基盤みたいだったけれど・・・

ベットの加熱にも耐用して、穴に溶けたABSが入り込み、がっちりと保持してくれる。

IMG_0392

ガラス製とか、金属製、マスキングテープ、スティック糊・・・

様々な3Dプリンターで問題が発生していますが、アフィニアはこれ一枚でOKだよ。

この点もアフィニアを選んだ理由です。

後は、中国製品がいっぱい・・・

まぁ、有ったらあったで良いのだろうけれど・・・・

IMG_0385 IMG_0387 IMG_0386 IMG_0381 IMG_0380 IMG_0378

 

  • デザインカッター
  • ミッパー
  • スクリーパー
  • USBケーブル
  •  ピンセット
  • 耐熱手袋

んーー、どれも帯に短し襷に長し・・・

この辺りは追々日本製を取り揃えてしまいそうだが・・・

「買って」「開けて」「その日に使える」我慢ができないアメリカ人には、大絶賛のサービスなんだろうなぁ・・・

そうそう、このパーツ・・・。

これ、素材ABS(フィラメント)ホルダーだったよ。

 

 

IMG_0391

 

同梱の六角レンチでここを外して・・・

 

IMG_0395

こんな風に固定します。

ネジネジ・・・・

 

 

 

IMG_0399

 

 

完成!!

IMG_0419

 

ここまで、8分ぐらいかなぁ・・・。

組み立てキットは楽しいけれど・・・

組み立てキットは、3dプリンターの構造を理解するのに役立つけれど・・・・

このお手軽さにはかなわないよね。

 

 

 

[`fc2` not found]
LINEで送る