前の記事へ  «
次の記事へ   »

低価格光造詣3DプリンターDWS LAB – XFABの情報が更新されていたぞ!! そもそもプロジェクション方式って何?

[`fc2` not found]
LINEで送る

XFAB-laser-3d-printer-10-1170x631

スッゲーカッコいいプロモーション映像からデビューしたDWS Labs社様のデスクトップ型SLA方式3DプリンターXFABってしってました?

xfab_dws-6

最近の3Dプリンターは外見もカッコいいですね!!

この辺りのデザインがこなれてくると、工作機械の領域から、家庭用電化製品の世界に入ってくるのかな?

さて、公開されたスペックは?

XFABの主な仕様は以下の通り

  • プリント方式:SLA方式
  • 造形エリア:Ø180×180mm
  • レーザー光源:ソリッドステートBlueEdge®BE-1300X
  • スライス厚:10~100ミクロン
  • 最小加工寸法:80ミクロン
  • ソフトウェア:XFAB Controller、Nauta™ XFAB Edition
  • 入力ファイル形式:.STL、.SLC
  • 本体サイズ:420mm×638mm×590mm
  • 価格:5,000ドル(+税)

PRE-ORDER社さんはこちらから

さて、スペック表のご説明!!

DWS Labs社様のアナウンスでは、プリント形式はSLA方式と書かれています。
このSLA方式とは、3Dプリンターの構造でいうと、projection方式とStereolithography方式の中間にあたる方式が取られているようです。

造詣に直接かかわる部分が、XFABの場合projection方式に近いと判断し、この記事を書いています。

 

プリント方式:プロジェクション3Dプリンター

このプロジェクション方式の最大の特徴は、造形物が上から吊るされる所です。

下からレーザー照射で一層ずつ固め、固まったら少し上に引き上げる!!

その繰り返しなので、液体のアクリル樹脂のプールから造形物が引っ張り出されるように見えます。

なかなか不思議な動きです。

名称未設定-1

こんな感じに、吊るされて出来上がってくる。

xfab_dws-1

造形エリア:Ø180×180mm

造形サイズが直径180mm、高さが180mm!!

んーー、円柱サイズで書かれていても、ちょっと想像しにくいのはわたしだけ?

そして、このプロジェクションレーザー方式の注意点というか、欠点というか・・・

比較的大きな造詣範囲を確保できるのですが、造形物を上から吊るすという性格上、あまり重いものが作れない。

出力形状は、造形物の強度を考えて配置したり、デザインしたりしないといけないそうです。

出力中に落っこちたりするんだって!!

ここいらも改良されていたらいいですねぇ!!

名称未設定-2

スライス厚:10~100ミクロン

最小加工寸法:80ミクロン

1ミクロンは0.001mmなので、スライス層、

つまりZ軸移動は0.01mm

スゲー!!

最小加工寸法が0.08mmだと!!

んーー、細かすぎで想像できん。

ご家庭用の熱溶解積層方式の実質加工寸法が1mm~0.8mmなので、その十分の一!!

レーザーの精度ってすごいよね!!

光造詣のアクリル樹脂とは?

この樹脂は、ホビーアクセサリーによく使われている紫外線硬化レジンと同じ仲間です。

専門家さんからは、違うぞ!! とお叱りを受けそうなのですが・・・

最大の特徴は、その精度!!

仕上がりの良さ!!

この精度だと、出力した後に表面にサンドペーパー処理なんていりません!!

この辺りが最高だよね!!

しかし、良い事ばかりでもないんですよ・・・

短所は大きく上げて3つかなぁ・・・

  • 素材の光硬化樹脂が高額
  • 紫外線劣化が激しい
  • 洗浄剤を含めて、産業廃棄物処理が必要

素材の光硬化樹脂が高額

これは、結構な問題です。

いくら綺麗に仕上がると言ってもラーニングコストに直接跳ね返ってきます。

1kgで4万~5万円します。

DWS Labs社様が専用樹脂をどの価格帯で出してくるか未知数ですが、高額なのは確かです。

紫外線劣化が激しい

紫外線レーザーで樹脂を固めていく方式なので、自然界(日光)に含まれる紫外線を受けても硬化が進行します。

つまり、日にさらせば数ヶ月でパキパキのボロボロになってしまいます。

出力は原型にとどめ、すぐにシリコンなどで型取りをするというプロセスが組める作業環境でないと、おいそれとは使えませんね。

洗浄剤を含めて、産業廃棄物処理が必要

この辺りは・・・

難しい問題だ!!

出力した後には、洗浄が必要です。

その洗浄剤の大部分が、そのまま下水に流したらだめよ!!

産業廃棄物としての処理が必要です。

まぁ、ここら辺りは県や市によって違うんだろうけれど、電話して聞いてみても「燃えないゴミは火曜日です」なんて、係りのお姉さんが勘違いしてしまうレベル。

まぁ、お家は工場になるか? なんて看板上げているので一応調べたんだけれど・・・

役所って・・・・(ノ_・。)

さて、上記の短所3点は構造上というか、仕組みの問題なので、ゆっくりと改良されていくと良いな!!

まぁ、ご家庭用には向かないと私は考えます。

でも、欲しいよね!!

PRE-ORDER社さんはこちらから

物欲に負けて、買ってしまった人!!

僕にも触られてください。

<(_ _)>

[`fc2` not found]
LINEで送る