前の記事へ  «
次の記事へ   »

3Dプリンター銃を製作した元大学職員に懲役2年の実刑判決!

[`fc2` not found]
LINEで送る

 

10月20日横浜地裁は、3Dプリント銃を製作したとして、武器等製造法違反と銃刀法違反の罪に問われていた元湘南工科大学の職員、居村佳知被告に対し、懲役2年(求刑懲役3年6カ月)の実刑判決を言い渡しました。

Screen-Shot-2013-05-05-at-12.20.07-AM

工場からパーソナルな工作機械が飛び出してきた時代。

「取り巻く環境の変化に法律が付いてきていない」と糾弾して新しい法律を作って取り締まる方向に流れていくのだろうか?

もしその流れができるとしたら、日本人のモラルというか順法意識の低下を嘆くべきた。

「私たちは考える能力がありません、法律で縛ってください」

と言っている様なものだ。

article-0-1DE71C4D00000578-125_634x419

アメリカ、カナダ、フランス、ドイツでも、3Dプリンターで銃を作っている人々がいる。

これらの多くは匿名フォーラムで技術の交換をしている。

彼らの殆どは実名をさらしていない。

なぜなら、銃を作る人たちは世界中で危ない人のレッテルを貼られているからだ。

まぁ、時々実名や顔をさらして捕まるやつもいるんだけれど・・・

中には、それを切欠に銃器メーカへスカウトされる人もいるぐらいだ。

この辺りが、フリーダムというか、発想の転換というか?

xmuzit

私の言いたいことは!!

新しい技術に伴い、新しい法律を作るのは仕方ない!!

しかし、現行法で十二分に取り締まれるのに、新しい法律を作る必要はない!!

また、道具を悪者にするな!!

悪用する人間が馬鹿!! いゃ、悪いだけ!!

家庭用3Dプリンターで銃なんて作っても、暴発します。

チャンバーに強度を持たせられません!!

銃身だって撃ったら解けてしまいます!!

まぁ、そんなところです・・・。

道具は正しい知識と正義の心で使ってね!!

 

 

 

 

 

[`fc2` not found]
LINEで送る