前の記事へ  «
次の記事へ   »

ハリウッドでは3Dプリンターの導入はあたりまえだよね!

[`fc2` not found]
LINEで送る

409139

映画のセットや小道具、ヒーローのスーツやスペシャルウェポン!!

私の好きな、

いゃ、大好物の世界です。

ロボコップの衣装というか、スーツというか、プロテクターは、中の人を3Dスキャナーでデータ化して、そのデータを元にCADでスーツのデータを作って3Dプリンターで出力したそうです。

デザインも中の人にぴったりフィットして動きやすい!!

また、CG合成のシーンでも実際に3dプリンターで出力して撮影したスーツとCG合成のスーツに整合性があるぞ!!

これ、当たり前のようだけれど、マニアにとっては大事なところだぞ!!

CG合成当たり前の映画の中で、カットによってシルエットや装備が変わるというのは、どうもねぇ・・・

というか、そんなカットをいくつ知っているかでヘビーなマニアのウンチク合戦の戦闘力が決まると言ってもいいでしょう!!

いゃ、今日はそんな話ではなく・・・。

巨額な予算が投じられる映画業界のマーケテイングのお話です

マトリクスから映画の作り方がだんだんと変わってきたんだよね!!

映画を作るのにはたくさんのお金が必要です。

そのお金は、回収する見込み・・・

いゃ、利益を上げる確実な予想の見込みがないと資金が集まりません。

なので、興行収入の予測が計算しやすい作品が作られるのです。

近年、Part2 とか、Part3 とか、劇場版なんてのも、前の興行収入や視聴率から算出された数字を元に、回収率が計算されます。

その、回収率に基づいた予算の投下というか・・・

確実に回収できない予算を投じるのは愚の骨頂!!

なので、だんだんと作品が小粒になっていくのはあたりまえ・・・

残念だ!!

いやいや、Part2 とか、Part3 とか、劇場版が嫌いという訳ではないんですよ。

ほんとほんと・・・。

その流れを崩そうとしたのがピータージャクソンです。

当時はファンタジー映画作品大不況の時期だったのでハリウッドでは予算が集まりませんでした。

では、彼はどうやって予算を集めたのでしょう?

実は、予算を集めながら見切り発車で作り始めました!!

映画が作られたら、そのゲームも発売されるよね。

それじゃ、ゲーム会社に映画で使用するCGデータを売ればいいじゃん!!

ゲーム会社も映画で使用されるデータを使えるのならば、わざわざ自社でキャラクターのポリゴン組まなくていいじゃん!!

予算が!!

開発期間が!!

開発費が!!

削減できるじゃん!!

そして、映画の公開前にゲームが出たりすると、そのゲーム本体が宣伝効果を生むんです。

だって、ゲームをやったら映画も見るでしょう。

それに、ゲームにどっぷり浸かっている方々を、映画館に引き戻せる!!

この方式を最初に取ったのがマトリクスです。

matrix383-1

 

マトリクスは、脚本の複雑さを念頭に置いて三部作に分けられ作成された。

といことになっていますが・・・

第一部が公開される前に、幾つかのゲームが市場に投入され・・・

第二部が公開される前に、第一部では語られなかったバックグランドの設定がゲーム化され・・・

第3部の公開前にサイドストーリーのキャラクターが大活躍したゲームが出てきたり・・・

全て公開された後にも・・・

こんな感じで、マルチメディア展開を最初から計画というか、設定されていたマーケティング上に成り立った作品だったのです。

ゲームだけではないぞ!!

玩具の金型を作る際にもそのデーターは共有というか、玩具製作メーカーに販売されました。

また、そのおもちゃが売れたら、売り上げの数パーセントをいただくという権利もセットで、利益を生むという三段構え、四段構えの戦略だったのです。

そして、次に出てくるのが3dプリンターという予想てす。

話は長くなりましたが・・・

海外の某ゲーム会社が映画のキャラクターのフィギュアや小道具を3dプリンター技術を使って販売しようという試みがあるぞ!!

これは、webサイト上でキャラクターを選び、スライダーでポーズを自在に変更し、好きなアタッチメントというか装備を選んでクリックすると、一週間後にそのフィギュアが送ってくるというサービスです。

3dプリンターの性能などにも左右されるだろうけれど・・・

これって、すごいと思わない?

映画が封切りされる前に、そのキャラクターがリアルに?

いゃ、細部のディテールそのままに!!

自分の好きな、いゃ、俺ならこんなにカッコイイ決めポーズをするぜ!!

作ったフギュアが送ってくるんだぜ!!

世界にただ一つ!!

んーー、すごいじゃん!!

とまぁ、玩具業界にも、

いゃ、マニア業界にも旋風を起こしたい3Dプリンター業界!!

今日は、ちょっとインサイダー情報も入っているので皆んなには秘密だぞ!!

 

 

[`fc2` not found]
LINEで送る