前の記事へ  «
次の記事へ   »

300℃まで加熱可能な新式ホットエンドはRepRap3Dプリンターや自作3Dプリンターに革命をもたらすか?


3dp_lulzbot_logo-291x300

米国のアルファ・オブジェクツ社が新しい3Dプリンターパーツを発売するぞ!

LulzBot v2 ヘキサゴンホットエンドは、300°まで加熱できる新型ホットエンド!!

多くのメーカー製の3Dプリンターや自作の3Dプリンターでも、3Dプリンターに使われている部品の多くは「共通部品」です。

  • ステッピングモーター
  • メインボード
  • モータードライバー
  • 制御プログラム
  • ホットエンド
  • ヒーター
  • 等・・・。

 

各メーカーは、パーツの「組み合わせ」や「頑丈なフレーム」などに注力してメーカーの色を出そうとしています。

RepRap(ラピットプロトタイピング)の手法で作られている3Dプリンターはメーカー製も自作も「整合性」「調整が命」という事になります。

3Dプリンターのホットエンドってどんなパーツ?

ホットエンドとは、3Dプリンターで出力する素材(フィラメント)を熱で溶かしす部分です。

通常のホットエンドは270°ぐらいまで加熱することができるのかな?

RepRapで作られているホットエンドの多くは中国製です。

3Dプリンターの心臓部ですね。

E3D-V6-Hot-End-Full-Kit-1-75mm-12V-Bowden-RepRap-font-b-3d-b-font

そして、このホットエンドの部分は5つのパーツから成り立っています

  • サーモ(温度感知)
  • ヒーター(加熱器)
  • ヒートブロック
  • ヘッド
  • 冷却部

ヒーターで加えた熱をヒートブロックで貯め込み、温度を安定化させます。

その温度を随時計測するのがサーモ部分です。

熱をくわえられて溶けた素材がニユルニユルと出てくる場所がヘッド部分です。

また、熱くなりすぎで溶けてはいけない場所が溶けないように冷却フィンと一体化しています。

この作業をこなす所がホットエンドパーツです。

ヽ( ´¬`)ノ

LulzBot v2 ヘキサゴンホットエンドはどんなパーツ?

LulzBot v2 ヘキサゴンホットエンドは、300°まで加熱できる新型ホットエンドです。

3dp_lulzbothotend_v2hotend-1024x683

300どまで加熱できると何かいいことあるの?

300℃まで加熱できると、使える素材(フィラメント)の幅が広がります。

最近は機能性特殊フィラメントがたくさん出てきているます。

特殊フィラメントは、硬かったり、湯わらかかったり、ゴムっぽかったり、透明感が良かったり・・・

これらの機能性特殊フィラメントは、温度設定などがシビアなものが多いのです。

加熱温度の幅が広がると、使える素材(フィラメント)の幅が広がります。

ヾ(@^▽^@)ノ

メーカー純正品以外のフィラメントお断り!!

カートリッジ商法で儲けを出しているメーカーには真似できない所です。

(|| ゚Д゚)

実はヘッドの穴は結構大きい?

LulzBot v2 ヘキサゴンホットエンドはヘッドがセットで販売されています。

皆さんが気になるヘッドのノズル直径は0.35mm0.5mm0.6mmです

お値段1セット70ドル(送料別)

ヽ(; ゚д゚)ノ

  • ダメだ、
  • 太すぎる、
  • 印刷品質悪い・・・

と考える方々は、結構落胆てき?

0.2mmとか0.15mmのノズルが市場に出てきているからねぇ・・・。

3Dプリンターの印刷品質はヘッドのノズル直径では決まりません。

「細いノズルから溶けた素材を出すんだから、ヘッドのノズル直径で決まるんじゃね?」

という方々もおられますが、

実はそうではないのです。

温度や押し出し速度、ヘッドの移動速度など様々な要因が絡まって、3Dプリンターの出力品質が維持されます。

それらのパラメーターが適切で正確ならば、

0.5mmだろうが最高の表面状態で出力されます。

また、高さの解像度も0.00Xmmなんで表記されている3Dプリンターがありますが、

あれも鵜呑みにしてはいけません、

3Dプリンターの解像度は、モータードライバーとステッピングモーターの解像度より優れた値を出すことはできません。

(ノд・。)

とくに50万円以下のRepRapを基盤に開発された3Dプリンターは無理・・・。

ヾ(@^▽^@)ノ

※ 只今各メーカー様に対して不穏当な発言があった事をお詫びいたします。

m(_ _;)m

LulzBot v2 ヘキサゴンホットエンドのその他の特徴?

さて、謝罪も済んだところで、

LulzBot v2 ヘキサゴンホットエンドのもう一つの特徴は、

ヒートチャンバー?

まぁ、熱でフィラメントを溶かして貯めこんでいる部分ね。

この部分の容積が少し多めにとられているそうだ。

この工夫により、溶けたフィラメントの状態が安定的に維持できるんだって。

んーーー、

そうなんだ・・・。

使ってないからわからない・・・

米国のアルファ・オブジェクツ社のURLはこっち。

https://www.alephobjects.com/

さぁ、誰か買って!!

そしてレポートを私にくれ!!

ヾ(@^▽^@)ノ