前の記事へ  «
次の記事へ   »

3Dプリンター、光学繊維,ELワイヤー全部使ってハロウィンコスチューム!!光ってる奴にはかなわない!!

[`fc2` not found]
LINEで送る

dress1

ハロウィンまであと少し!!

||| \( ̄▽ ̄;)/ ||

3Dプリンターを使ってハロウィンコスチュームを作っている人は沢山いるぞ!!

そして、3Dプリンターと言えばファッション業界も熱いよね!!

それに加えて、ハッカソンなども盛り上がっている感じで・・・

その三つが融合したらこんな感じになりました!!

光ってますねぇ!!

そして、モデルさんの「ドャ!」感が半端ない。

(*´▽`*)

胸の中心で輝いているのはELワイヤーだね!!

3Dプリンターは空洞のオブジェクトを造形する事に力を発揮するので、ELワイヤーを中に仕込むのはもってこいだ!!

| \( ̄▽ ̄;)/ ||

外側にピンピンしているのは、光学繊維ですね。

光通信に使うあれです。

Core_Assembly-1024x683

使用された3Dプリンターは光造形のようだぞ!!

こんなかんじに、小さなパーツをいくつも出力して組み立てています。

Step5_Brazier-1024x669

全体のデザインは、こんな感じです。

やっぱり3Dモデリングした時とも実際にモデルさんが着用して光らせている場合では全ぜなちがうね!!

このギャップというか、出力イメージというか、仕様イメージの違いを理解しながらモデリングする3Dモデルアーティストは将来の花形職業になるのかな?

下地のボディーは3D標準モデルを使用しているのかな?

この辺りは、3Dスキャナーがもっと普及するとモデル(着用者)に合わせたモデル(造形物)が作れるようになるのかねぇ。

Completed_Model-1024x343

そして、これだけの光量を維持するためには相応の電力を必要とします。

背面の電池ボックスが結構大きいぞ!!

||| \( ̄▽ ̄;)/ ||

Backpack_Assembly-683x1024

ファッション業界では、様々に使われている3Dプリンター!!

やっちゃった感はあるんだけれど、ショーの世界だからOKだ!!

アーティストや個人作家のみなさん!!

3Dプリンターをもっともっと利用しよう!!

||| \( ̄▽ ̄;)/ ||

 

詳しい記事は3D World December 2015 Issue 201(英語)で読もう!!

TDW201_eds_cover1

 

 

 

 

[`fc2` not found]
LINEで送る