前の記事へ  «
次の記事へ   »

3Dプリンターは、映画だけでなくテレビシリーズの小道具にもガンガン使われているぞ!!

[`fc2` not found]
LINEで送る

アメリカのテレビドラマシリーズにベター・コール・ソウルという作品があるんだけれど・・・。

貧乏弁護士が主人公のテレビドラマだ!!

時代背景が1990年代前半が舞台なので、小道具には事欠かないと思っていたんだけれど・・・。

当時の携帯型GPSが手に入んなかったそうだ。

GPSがないなら作ってら?

という訳で、作っちゃったんだって!!

中身はArduino、外側は3D3Dプリンター!!

スゲー!!

これ一万円以内で作れるんじゃね?

ハードも小型も高性能になっていっているし!!

ソフトも公開されているモノばかり!!

んじゃ、小道具作っちゃえ!!

という訳で、こんなレトロでグッドなガジェットが完成しちゃったんだぜ!!

(≧▽≦)

テレビドラマの小道具だけではなく、実際に稼働しちゃうんだぜ!!

ギミックではなく、本当のGPS仕込んで現在地を教えてくれるクールなガジェットに仕上がっているそうだ!!

うん、いいねこの武骨なデザイン!!

ゲームボーイにも似た90年代のデザインだ!!

(≧▽≦)

やっぱり少量生産&カスタムメイドに威力を発揮する!!

20世紀は量産の技術が爆発的に進歩した歴史です。

21世紀は必要なものを必要なだけカスタム生産の時代になるのかな!!

さて、日本のテレビドラマ制作の予算はガンガン削られているというお話・・・。

レトロなガジェットを作って撮影に使うような手法も・・・。

ないだろうなぁ!!

(≧▽≦)

 

さぁ皆で昔のモノを作ってみよう!!

夏休みだから、昭和50年代の科学と学習についていた実験キットなんて作ったらいいかもね!!

学研さんには、資料あるかなぁ?

(ノ´▽`)ノ

[`fc2` not found]
LINEで送る