前の記事へ  «
次の記事へ   »

折りたたみ式ドローン作れるぞ!! 高性能3DプリンターForm 1+

[`fc2` not found]
LINEで送る

Marble-MRB-1-parts-3D-printed

 

 

続々と新製品が発売される3Dプリンター業界!!

スペックや値段だけではなく、様々な発売手法も見所の一つだ!!

いゃ、私がマーケティングに携わっているから、そうなのかもしれない・・・。

やっぱり熱い業界には、才能が集まり・・・

いゃ、プロトタイプを造るマシンは、テスト的市場で試験的に販売されいるのだろうか?

テスト的な市場では、テスト的というかチャレンジャーなコマーシャルが使われるというか!!

楽しいね!!

今回ご紹介する3Dプリンターは、光学式のForm 1+という3Dプリンターです。

printer

 

製品の紹介動画もカッコいいぞ!!

カメラワークがすごい!!

そして、光学式プリンターの理屈がカッコよく紹介されているぞ!!

 

こんなチャレンジャーな広告動画を作る会社だから、今回の広告もスゲー!!

あえて渦中の栗を拾う戦略だ!!

ホワイトハウスにドローンが侵入して問題になっているアメリカ!!

なんとなくヤラセ臭い日本にも?

なんだけれど・・・

規制の方向に動こうとしているよね!!

残念だ!!

(ノд・。)

「技術は正しい知識と正義の心で使ってね!!」といつも私が言っているのに!!

(T ^ T)

まぁ、聞かせる努力はしていないんだけれど・・・

ヽ(^◇^*)/

 

Form 1+の今回の話題広告はこれだ!!

Marble_MRB-1

 

このドローン。

骨組みはForm 1+で全て出力させているぞ!!

3Dプリンター使えば軽く作れるからね!!

機体には、強度もそれなりにあり、熱収縮するので使い易い、ポリエステルフィルムを使っている。

中の制御部分も市販の小型マイコンボードを使っています。

つまり、オープンソースで全て作れるということだね!!

Marble-MRB-1-parts-3D-printed

 

どんなに規制しようが作るやつは、作るんだよねぇ!!

ヽ(^◇^*)/

このドローンはメーカーのコマーシャルモデルなんだけれど。

ドローンを名目に、いくら規制ししてもお門違いだぜ!!

3Dプリンターを使わなくても、飛行機なんて竹細工でつくれるぞ!!

それならば、作る技術や知識を規制する?

そんなことしたら科学技術の進歩、工業技術、化学技術、商品開発の下地がなくなるということ!!

そんな競争力のない社会では、全世界を席巻する商品なんて作れない国になってしまいます。

(T ^ T)

c04f92b7-2674-4bc0-b358-38c42f81b936-large

 

しかし、このドローン、スゲーカッコいい!!

翼を折りたたみ、コンパクトに輸送ができるんだぜ!!

なになに?

危険?

折りたたみドローンの危険性なんて、黄色信号で交差点に突入する車より、数万倍も安全だ!!

防御手段はいくらでもあるぞ!!

そもそもドローンなんて最近出てきたものではない。

要はラジコン飛行機だよね、 ヾ(@^▽^@)ノ

ラジコン飛行機の遠隔操作に使える周波数は、決まっています!!

AM波が5バンド!!

FM波が2バンドの、合計7バンドだけだぞ!!

同じ周波数は干渉しあうので、操縦不可能になります。

 

出力も小さく遠隔操作範囲は半径2Kmだけ!!

そうそう。

一度に飛ばせるラジコン飛行機の数は、直径4Kmのスペースで7台までです。

つまり、その7つのコントロール用の周波数帯に、同じ周波数を順繰りに発信する送信機を置けば、その空域では市販ドローンを飛ばしても、墜落します!!

ヽ(^◇^*)/

、電波による遠隔操作に頼らず、GPS信号を使って、グーグルマップと連動させたり、自動巡回コースを使った場合ではどうするんだ?

というお話も聞きました!!

でも、簡単に防げるんだ。

だってGPS(グランド・ポジショニング・システム)なんて、数十の衛星から発信される電波を受信して三角測量しているんだよ。

実際に使うのは3機なんだけれど・・・

なので、指定地域の情報リクエストに修正情報を入れるだけで済むじゃん。

飛行禁止区域に定めた場所では、GPSによる位置確認や飛行軌道の修正ができなくなるからね。

湾岸戦争以降、GPSと連動した無線誘導兵器、ミサイルや爆弾やドローンね!!

それらを運用するために、アメリカは全世界のGPSの位置情報の精度をググッと落としたんだ。

カーナビの誤差がひどく出ていた時期です。

カーナビの指示に従ったら、曲がり角一本間違えてしまったりしていたこともありました。

あれは、自国(アメリカ)の誘導兵器をGPS信号でしっかり誘導し、

他国がGPS信号でミサイルや爆弾を誘導したり、行軍情報の基点なんかに使った時には、

誤差の多い位置情報をあえて提供していたんです。

GPSを止めなかったのは、全世界が混乱して、アメリカに国際社会からの非難が来ないようにした!!

ヽ(^◇^*)/

敵国に、便利なGPS情報を使ってもらい・・・

誤差だらけだから、修正が面倒だったり、そもそも使えなかったり!!

ヽ(^◇^*)/

混乱するよね!!

という作戦だったんだぜ!!

ドャー!!  \(^o^)/

こんな感じに簡単に現行法と既存技術というか、既存の設備で安全は守れます!!

電波誘導とGPS誘導の事は上記しました、それでも!!

「干渉しない周波数で操縦できるドローン作った場合はどうなるんだ?」

(ノД`)・゜・

もうそれは、一般の電波法で裁かれます。

そもそも、電波なんて使える周波数は決まっているし、それ以外の電波を発信することは「違法」です。

もはや、ドローンなんて関係ない!!

iPhoneに付ける「自撮棒」の方が、明らかに電波法違反です。

だって、技術基準適合証明と技術基準適合認定などのシールを貼った「自撮棒」見たこと無いもん。

ヾ(@^▽^@)ノ

「公園で飛ばしているドローンで起こる事故は?」

いゃ、もうこうなると禁止のための禁止事項なんじゃなかろうか?

そんなとこで飛ばしていたら、普通にお巡りさんに通報すればOKょ!!

公園でボール遊びしているだけで「危険だ!!」と通報される時代だぞ!!

「もし、落ちてきて、怪我をしたらどうするんだ!!」

そんな時は、民事の弁護士が喜んで飛んでくる!!

私たちは、本当に怖いというか、風通しの悪い世界で生きている!!

テレビや新聞などの情報が悪いというわけではありません。

ただ、何をやっても文句を言われる世界だよね!!

(T ^ T)

「技術は正しい知識と正義の心で使ってね!!」

<(_ _)>

また、飛ばし記事や誘導情報に迷わされないでね!!

えっ、私?

「私は住宅地でのドローンの飛行には反対です」

というか、そんなのラジコンマニアならば、50年前からの常識だ!!

m(_ _”m)

不穏当な発言が多々在りました事をお詫びいたします。

 

上記の事を考えて、再度Form 1+の広告戦略を考えると!!

printerクールじゃん!!

こいつら、確信犯だ!!

\(^o^)/

Form 1+は、チャレンジな広告を打たなくても、最高に品質の良い3Dプリンターだとおもう。

 

 

[`fc2` not found]
LINEで送る