前の記事へ  «
次の記事へ   »

ファンタジーRPGのアクセサリーメーカーが3Dプリントデータ販売にシフト!キックスターターでも大成功!!

[`fc2` not found]
LINEで送る

dungeons-dragons-dice-roller-6275
フィギュアを使ったRPG(ロール・プレイング・ゲーム)を知っていますか?

ドラゴンクエストの原型のようなゲームです。

ゲームはプレイヤー数名と一人のゲームマスターによって会話とサイコロで勧めていくゲームです。

指輪物語などのファンタジー映画の登場人物になって大冒険をするゲームです。

80年代初頭はこんな感じでした。

Dungeons_and_Dragons_game

米国では爆発でな人気に支えられ、様々な種類のロールプレイングゲームが発売され、

それに伴い、様々なアクセサリーも発売されます。

crossshotsetup-copy

ここで使われているキャラクターやモンスターのフィギュアは、

ホワイトメタルという、ずっしりと重い金属でできています。

インターネットはもちろんネットワークゲームの無い時代でしたから、

夜な夜な、好きな仲間が直接集まっ繰り広げられるゲームは独特の興奮というか・・・。

現在、40代~50代のおじさんたちの中二病空間がそこに広がっていました。

ヽ( ´¬`)ノ

さて、本題・・・。

FAT DRAGON GAMES社というRPGアクセサリーを販売している会社があります。

この会社は、様々なダンジョンタイル、ジオラマなどのなRPGのアクセサリーを販売している会社です。

そま販売方法は、ネットのデータ販売で、

ダンジョンタイルやジオラマなどのペーパークラフトデータを販売している会社です。

FDGHeaderNew2

下左図のようなジオラマを右下図のペーパークラフトデータとして、ネット販売している。

FAT DRAGON GAMES社は、インターネットのデータ販売がメジャーになるとすぐにこのサービスを始めた会社です。

結構有名どころ!!

ヽ( ´¬`)ノ

時流に乗ることにやぶさかでないFAT DRAGON GAMES社は、

3Dプリンターのブームにも乗り遅れていません。

しかし、ホワイトメタルフィギュアの量産ノウハウを持っているFAT DRAGON GAMES社では、

3Dプリンターで作ったフィギュアのデータ販売をしても、ビジネス上の旨味がありません。

ホワイトメタルはのフィギュアは精巧で、

ご家庭用の3Dプリンターで出力したフィギュアと比べて・・・。

RPGファンも3Dプリンターのブームに乗って無料の3Dデータを公開し続けています。

この無料の3Dデータを公開し続けているファンの皆様は、

FAT DRAGON GAMES社の顧客または、将来顧客の方々です。

彼らに正面から敵に回すことが得策でないと判断したFAT DRAGON GAMES社は、

初心に帰り、アクセサリーの販売を計画しました。

KICK STARTERでも大好評!!

FAT DRAGON GAMES社は、ファンを味方につけ、また開発・宣伝の予算を圧縮するためにキックスターターを使うことをにしたようです。

販売するデータ第一弾はダンジョンタイル!

starter

最初の目標予算は500ドルぐらいの小さなプロジェクトだったようですが、

現在は第7回を迎えても、目標予算の7900パーセントを獲得しています。

スゲー!!

ヾ(@^▽^@)ノ

 

3Dプリンター技術は組み合わせるこどでビジネスチャンス満載だ!

  • 予算を使わず
  • 自社の強みを生かし
  • 資金を獲得し
  • 宣伝費をかけず
  • 利益を出す

FAT DRAGON GAMES社、凄いじゃないか!

 

ヾ(@^▽^@)ノ

3Dプリンターを使ったビジネスモデルを思いついた方々!!

ご連絡ください、

そして、私も混ぜて!!

 

[`fc2` not found]
LINEで送る