前の記事へ  «
次の記事へ   »

3Dプリンター講座 VOL.5 いよいよソフトのお話だよーー!!

[`fc2` not found]
LINEで送る

3Dプリンター講座 VOL.5 いよいよソフトのお話だよーー!!

予想以上の大好評と数々のお問い合わせを頂いて、大変うれしい悲鳴を上げております。

さて、3Dプリンター講座も  Vol.6 を迎えまして、

「ねぇ、ソフトの使い方教えてよ」
「MMDからフィギュア作りたいんだけど、早よ説明しれ」

・・・しれ?
「しろ」と言われましても、いささか基礎知識からのご紹介になりますのでご容赦ください。

今日は、3Dデータを作成するソフトの種類とデータのお話です。


 

「 有料ソフトか? 」 Vs 「 無料ソフトか? 」

 最近は、無料ソフトでも有料ソフトに負けないソフトも多数出てきています。

また、ご家庭用3Dプリンター用のデータは色情報(テクスチャーやマテリアル)情報を使用しないので、高度なレンダリング機能を搭載したソフトは必要ありません。
最新のソフトの多くは、早いレンダリングや動画作成などに特化した技術が盛り込まれていますが、ご家庭3Dプリンター用のデータ作成には全く必要ないのです。

無料のソフトや低価格ソフトで十分です。

次に、ソフトの種類があります。

「3D CADソフトか?」 Vs 「3D CG  ソフトか?」

3Dソフトには大別して2種類のソフトがあります。


 

3D CADソフト

CADとは、computer aided design の頭文字をとった言葉です。
建築、回路図、工業用製品等の設計図を描くために作られました。
もともとは二次元の三面図を描くために作られたソフトですが、パソコンの普及と共に3D線画という概念が導入されました。
性格上精密な設計とコンマ十数ミリ単位の情報管理が得意なソフトです。
製図の知識がなければ使えないというモノではありませんが、多少の知識があれば習得はグッと楽になるでしょう。
縦○○Cm、横○○Cm、奥行○○Cm、厚さは○○mm・・・
と作るものの寸法を指定しながら形を組んでいきます。
長さや奥行などを後から拡大縮小しても、最初に決めたネジの穴の直径は変わらない等の、工業用品設計に特化しています。
また、スイッチ、ボルトやナット、モーターやサーボ等のパーツはメーカーがデータをフリーで配っている場合が多く、それらのデータを組み合わせながら作成すると作業が楽になります。数字に強い方にはお勧めです。

        • Autodesk 123D Design
          splash_screen_1200x800
          http://www.123dapp.com/designWindows、Mac、iPad、WEB様々にプラットフォームでfree全開のソフトです。
          3Dプリンター用と言っても過言ではないぞ!!
        • Trimble SketchUp
          2511-384x300
          http://www.sketchup.com/ja
          グーグル先生が提供しているサービスだぞ!!
          グーグルマップの建物図はこのソフトで作られたんだそうだ。小物を作るよりも、家など大きなものを設計するのに特化したソフトだそうだ。

        • DesignSpark
          130918_designspark_mechanical02
          http://www.rs-online.com/designspark/electronics/jpn/最近無料になったソフトだ!!
          回路図、商品設計、その他何でもこなす優れもの!!
          とてもフリーとは思えない!!

3D CG  ソフト

映画やゲーム等のキャラクターデザインに使われているソフトです。直観的なイメージを形にするツールが多く盛り込まれたソフトです。
ここんところを・・・
このぐらい・・・に・・・したら・・・
全体の具合をみながらデザインしていきます。
主にキャラクターなどのデザインに向いています。

※ 有料ソフト多し。

        • メタセコイア
          image677
          http://www.metaseq.net/jp/
          日本を代表するポリゴンソフト!!
          低価格、多機能、使いやすさ、資料の多さ全てにトップクラス!!
          最近値上がりしました・・・。
          しかし、3Dプリンター用STLファイル標準対応しているぞ!!

 

総合ソフト

<(_ _)> 最初にごめんなさい。

3Dソフトは上記の2系統から進化したモノですが、現在のソフトはCADソフト的性能と、CGソフト的操作性の両方を併せ持ったソフトが多くあります。

        • Blender
          Motion-Capture-Blender
          http://blender.jp/
          数値入力、ポリゴン、スプライン曲線、スカルプチャー、ボーン・・・
          数え上げたらきりがない程の高性能と多機能なフリーソフト!!
          日本語プラグインもあり、情報も豊富!!
        • Shade 3D
          01
          http://shade.e-frontier.co.jp/
          ニコニコ超会議のグソクムシ1号たんの復活に使用されたソフトです。
          壇蜜のフィギュアデータなども販売し、最近3Dプリンターに力を入れているソフトです。
          Shade 3D ver.14シリーズは、3Dプリントアシスタント機能が搭載されて、半自動でプリントエラーになるデータを修正できてしまう優れもの。
          ソフトは多少癖がありますが、慣れてしまえば建築パースから家具、小物、フィギュアまでこなしてしまう柔軟性もあり、多くの素材データ集も販売されています。

代表的なソフトはこの2本です。


 

結論

実際にどのソフトが一番使いやすく、3Dプリンターに向いているか?

・・・と言われましても、自分が使いやすいソフトが一番だ!!

3D CADソフトで、猫や花までぐりぐり作ってしまうクリエーター様もいますし、3D CGソフトでキッチリと寸法の入った建築用のパース図を書いてしまうオペレーター様もいます。

なので、最初に手にしたソフトで変わるのです。

「で、あんたはどんなソフト使っているの?」

私は、メタセコイア、六角大王、Poser、shade、Blenderを主に使用しています。全ての機能を使っているわけではありません。

      • このソフトはこの形状を組むのに楽な機能がある。
      • このソフトはこのパーツを作るのに向いている。
      • データのコンバートに使うソフト。
      • トータルで形を見るときはこのソフト。
      • お客様に納品するときは、このフォーマットで・・・

という具合に、様々なソフトを使用しています。

「で、何から始めればよいのさ・・・」

      • メタセコイア
      • shade
      • Blender
      • 123D Design

この四本をお勧めします。

理由は・・・、

日本語資料が豊富で、ネットの情報も充実しているから!!

 

最後に、

3Dプリンターで出力するための「.STL」共通フォーマットというものがあります。
多くの3Dプリンターはこのフォーマットで最終出力できればOKです。

よって、STL出力が

しかし、ここにも落とし穴があります。

共通フォーマットとは、共通の条件を満たしているだけなのです。

共通だからと言って全て再現されるわけではありません。
Aというソフトで書き出したデータはBという3Dプリンターで出力した場合にはOKだったけれど・・・。
そのデータをそのままCという3Dプリンターでプリントアウトできるかといえば・・・。

上手くいくときと、行かないときがあります・・・。

楽しく、夢があり、ワクワクする3Dプリンターの世界ですが、まだまだこの辺りがパーソナルではないのです。

データを作ったら、安く利用できる出力サービスを探してください。まだまだ、データを作ったら一発で完成品が手に入る世界ではありません。

データ作成

出力

データ修正

再出力

その繰り返しがクオリティーの高い完成品を手にできるのです。

特許の期限切れからアメリカを牽引力として爆発的なブームを起こしている3Dプリンター業界です。
しかし、それはアメリカ人のお話!!
仕上がりは、ハイクオリティーが当たり前の日本人が満足する、
「ん、これが日本の工業製品だ!!」
「3Dプリンターってすごいじゃん!!」
というレベルには達していません。

しかし、モノづくり日本!!
日本は島国なので、技術とアイディアで勝負していかないといけないのです。
そして、モノづくりにこそ日本の未来がかかっていると私は考えます。

この辺りで尻込みするクリエーターの方々はいませんよね!!

(^_^;)

[`fc2` not found]
LINEで送る